ハワイ(ホノルル)現地時間
8/17(金)14:23
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ

賃貸(短期・バケーションレンタル) / 商業不動産・リース / リフォーム・住宅設備 / 不動産売買 / 不動産管理 / 賃貸(長期)

プラスセブン不動産

【909 カピオラニ】2016年08月の売り物件

909 カピオラニは、新築に近いコンドミニアムで、リーズナブルですので、非常に売り買い活発で、売りに出せば、早期に買い手が現れるコンドミニアムです。

詳細はこちらからご覧になれます、
http://www.plus7corp.com/909kapiolani.html

ハワイ不動産マーケット情報、2016年 8月

ハワイ不動産の上昇が著しいと肌で感じている不動産エージェントは多いと思います。 適当な物件を探している間に価格が上昇してしまったと聞く事もあります。
コンドミニアムの場合は、ある程度待てば希望の階数や間取りの物件がでてきますが、 一戸建て、たとえば、オーシャンフロントやダイレクトオーシャンビューの物件を購入しようとしている 当社の顧客の中には既に5年近く探している人がいます。 彼らのためにオーシャンフロントの一戸建てのページを作成して、売りに出される一軒家を追加しながら、毎日アップデートしていますが、一戸建ても5年前の価格と今の価格では当然のごとく違ってきていますし、昨今の順調なハワイ不動産市場を反映して割安な物件がでてくることはありません。
一戸建てにおいては、様々な間取りと価格があるので、一様に比べることはできませんが、 コンドミニアムであれば、価格を容易に比較することができます。私の記憶の中では、 10年前は、30万ドルで屋内洗濯機乾燥機やセキュリティーなどがある設備のいい1ベッドルームが購入できました。 しかし、今は、最低でも45万ドル、デザイン性のある新装の1ベッドルームは50万ドルというのが相場になっています。 物価は、10年で2倍になるので、不動産も物であるという考え方から同じように10年で2倍、毎年10パーセント上昇するはずですが、ハワイ不動産はこれよりも僅かに遅れたペースですが、順調に上昇してきています。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com

【ウインザー】 2016年07月の売り物件

ウインザーは、静かなたたずまいで、全戸にベランダはありませんが、 広い屋上の共有部分の素晴らしいながめを楽しめます。 詳細はお問い合わせ下さい。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com/windsor.html

【ワイラナ】 2016年07月の売り物件

ワイラナは、1ベッドルームと2ベッドルーム、セキュリティーがあり、全戸に洗濯機乾燥機がある住居専用のコンドミニアムです。
詳細はお問い合わせ下さい。
http://www.plus7corp.com/wailana.html

【アイランドコロニ-】 2016年07月の売り物件

アイランドコロニ-は、ステュディオが多いホテルコンドミニアムで、ベランダが広いことで、好まれます。 詳細はお問い合わせ下さい。

http://www.plus7corp.com/islandcolony.html

【ワンア-チャ-レ-ン】 2016年07月の売り物件

ワンア-チャ-レ-ンは、明るいグリ-ンとオレンジ2色の外観で有名で、 1998年築の新しさが残るコンドミニアムです。 詳細はお問い合わせ下さい。
http://www.plus7corp.com/onearcherlane.html

カピオラニハウス 2016年06月の売り物件

過去半年間で売却された物件は3軒のみですので、売り物件は、常時少ないです。 カピオラニハウスの2ベッドル-ムは、1200スクエア-フィ-ト(111㎡)の広さがあります。 詳細はお問い合わせ下さい。



http://www.plus7corp.com/kapiolanihouse.html

【1350アラモアナ】 2016年6月の売り物件

1350アラモアナは、2ベッド主流のコンドミニアムで、全戸がオーシャンビュー、アラモアナショッピングセンターの向かいに位置しており、生活に便利な立地です。新しさはありませんが、周辺の築浅コンドミニアムよりも低い価格です。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com/1350alamoana.html

【ヨットハ-バ-タワ-】 2016年6月の売り物件

ヨットハーバータワーは、2棟あり、全戸がアラモアナ公園やヨットハーバータワーの オーシャンビューです。
詳細はこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com/yachtharbortower.html

ハワイ不動産マーケット情報、2016年 6月

ハワイ不動産市場は、物件や地区によって異なり、また一戸建ては、地域によって売れる価格帯があります。 コンドミニアムでは、ほとんど動きがないコンドミニアム、売り物件が多すぎるコンドミニアム、または、反対に売り物件が少なく、売り物件がでれば、飛ぶように 売れて行くコンドミニアムなど様々です。売却を視野に入れて、売れ筋の物件のご購入をご検討ください。

昨今のお客様で同じようなお問い合わせがいくつかあるようになりましたので、皆様にもお知らせいたします。 条件がありますが、アメリカの不動産を購入して、一戸建てであるなら、4年の加速度償却(減価償却)で、 控除をうまく利用し、日本で節税対策をするというお問い合わせがここ最近あるようになりました。コンドミニアムの場合は、9年の加速度償却です。 1ミリオンの物件であるなら、4年の償却ですので、毎年25万ドルを収入から差し引くことができ、5年後に売却して、 新たな別の一軒家を購入して、また、4年の償却をするという繰り返しです。収入の多い人ほど、建物の価値が高いほど、節税効果が高いということです。 日本の中古住宅の建物の部分の価値は低く、または、既に無価値のものも多く、売却がしにくい、キャピタルゲインが期待できない、または、売却時に価格が下落するなどの デメリットがあります。
一方、アメリカの一軒家は、年月が経っても価値が落ちない、そして中古でもよく売れる、リフォームを施せば、価格上昇も見込めるなどの利点が多くあります。 しかし、問題は、どの地域の物件を購入するかということであると思います。
節税効果は、建物の部分だけですので、評価額から、土地と建物の割合を出して、最も有利な一軒家を選択するのが理想ですが、 ハワイの場合は、建物の割合が多くても6割で、アメリカ本土のように8割に達するようなことはありません。 ですが、5年後には売却するのですから、売却しやすい不動産、そして、不動産価格の上昇が見込める不動産であることが重要になります。 果たしてアメリカ本土には、そのような不動産があるのでしょうか。あるとすれば、やはりロケーションがよく、土地にも価値があり、全体の不動産の価値としても高い物件であることが望ましいはずです。よって、売却を視野に入れれば、建物の価値の割合だけで判断することはリスクを伴うと思います。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 >
社名(日本語)
プラスセブン不動産
社名(英語)
PLUS Seven Realty
事業内容
住宅・店舗・商業物件・ホテルなどあらゆる不動産売買、管理、レンタル(短期・長期)取扱い
不動産購入は人生最大のお買物、心を込めてお手伝い致します。
住所
1400 Kapiolani Blvd. B-43 Honolulu, Hawaii 96814
電話番号
808-957-0080 /808-225-5047(携帯)
FAX
808-955-2182
地図