ハワイ(ホノルル)現地時間
11/22(水)17:36
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ

リフォーム・住宅設備 / 不動産売買 / 不動産管理 / 賃貸(長期) / 賃貸(短期・バケーションレンタル) / 商業不動産・リース

プラスセブン不動産

ハワイ不動産マーケット情報、2016年 6月

ハワイ不動産市場は、物件や地区によって異なり、また一戸建ては、地域によって売れる価格帯があります。 コンドミニアムでは、ほとんど動きがないコンドミニアム、売り物件が多すぎるコンドミニアム、または、反対に売り物件が少なく、売り物件がでれば、飛ぶように 売れて行くコンドミニアムなど様々です。売却を視野に入れて、売れ筋の物件のご購入をご検討ください。

昨今のお客様で同じようなお問い合わせがいくつかあるようになりましたので、皆様にもお知らせいたします。 条件がありますが、アメリカの不動産を購入して、一戸建てであるなら、4年の加速度償却(減価償却)で、 控除をうまく利用し、日本で節税対策をするというお問い合わせがここ最近あるようになりました。コンドミニアムの場合は、9年の加速度償却です。 1ミリオンの物件であるなら、4年の償却ですので、毎年25万ドルを収入から差し引くことができ、5年後に売却して、 新たな別の一軒家を購入して、また、4年の償却をするという繰り返しです。収入の多い人ほど、建物の価値が高いほど、節税効果が高いということです。 日本の中古住宅の建物の部分の価値は低く、または、既に無価値のものも多く、売却がしにくい、キャピタルゲインが期待できない、または、売却時に価格が下落するなどの デメリットがあります。
一方、アメリカの一軒家は、年月が経っても価値が落ちない、そして中古でもよく売れる、リフォームを施せば、価格上昇も見込めるなどの利点が多くあります。 しかし、問題は、どの地域の物件を購入するかということであると思います。
節税効果は、建物の部分だけですので、評価額から、土地と建物の割合を出して、最も有利な一軒家を選択するのが理想ですが、 ハワイの場合は、建物の割合が多くても6割で、アメリカ本土のように8割に達するようなことはありません。 ですが、5年後には売却するのですから、売却しやすい不動産、そして、不動産価格の上昇が見込める不動産であることが重要になります。 果たしてアメリカ本土には、そのような不動産があるのでしょうか。あるとすれば、やはりロケーションがよく、土地にも価値があり、全体の不動産の価値としても高い物件であることが望ましいはずです。よって、売却を視野に入れれば、建物の価値の割合だけで判断することはリスクを伴うと思います。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com

【ロイヤルクヒオ】 2016年5月の売り物件

ロイヤルクヒオは、クヒオ通りに面した日本人にも有名なコンドミニアムです。 詳細はお問い合わせ下さい。
詳細はこちらからご覧いただけます。
http://www.plus7corp.com/royalkuhio.html

【1717アラワイ】 2016年5月の売り物件

2016年06月の売り物件は、3軒です。
1717アラワイは、アラワイ運河に面した2ベッドル-ム、3ベッドル-ムが主流です。
続きはこちらからご覧になれます。

http://www.plus7corp.com/1717alawai.html

【フェアウェイヴィラ】 2016年5月の売り物件

2016年05月の売り物件は、2軒で、売り物件は、常時少ないです。
ななめ前には、ワイキキの中央のフードパントリーがありますので、生活に便利で人気があります。 詳細はお問い合わせ下さい。
http://www.plus7corp.com/fairwayvilla.html

【リリウオカラニガーデン】 2016年5月の売り物件

2016年05月の売り物件は、ステュディオ、1ベッドルーム、2ベッドルームの10階から上は、合計9軒です。 ワイキキの東の自然を感じる、敷地が広く、庭の中にあるスイミングプールが大きい、静かなコンドミニアムで2棟のビルです。 詳細はお問い合わせ下さい。
http://www.plus7corp.com/liliuokalanigarden.html

ハワイ不動産マーケット情報、2016年 5月

ハワイ不動産市場は、ワイキキの40万ドル前後、屋内洗濯機乾燥機つきの住居に適したワイキキの1ベッドルームが売れています。
http://www.plus7corp.com/feesimple40.html
ご予算がハワイ不動産の価格上昇に追いついていかず、内装が古くても、階数が低くても、生活がしやすく、売却しやすい ワイキキの手頃な不動産をご選択になったのだと思います。 仕事を引退し、住居として不動産を購入するが、好きな旅行をしている間は貸し出したいという依頼がありましたが、 その場合も、やはりワイキキの物件がおすすめです。
また、1ミリオン前後の一戸建ても売れています。ワイキキやカハラ周辺は価格が上昇しすぎていますので、 手の届く閑静な住宅地と言いますと限定されてきますが、ハワイカイへ行けば、ながめがよい 住みよい一戸建てがあります。 また、先月お知らせしました、カネオヘの1ミリオンのオーシャンフロント、ほぼ新築の一戸建てですが、 既に売買契約されています。

ハワイの不動産を賃貸する場合には、コンドミニアムによって、賃貸の最低期間が定められていますが、 ワイキキ地区の外では、おおむね6ヶ月が最低期間となっていますので、一ヶ月間だけを貸し出すことはできません。 一方、ワイキキのコンドミニアムの多くは、1ヶ月間から3ヶ月間が賃貸の最低期間ですので、一ヶ月間のロングステイや バケーションレンタルが可能なのです。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com

【モアナパシフィック】 2016年4月の売り物件

のモアナパシフィックの売り物件は、1ベッドルームは無く、2ベッドルーム、3ベッドルーム、4ベッドルームです。 モアナパシフィックは、2ベッドルーム主流のコンドミニアムで、 新しさがあり、ホテルのような共有部分、設備も充実しています。

詳細はこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com/moanapacific.html

【マリンサーフ】 2016年4月の売り物件

2016年04月の売り物件は、1軒のみです。 マリンサーフは、ワイキキの中央にあるホテルコンドミニアムで、ステュディオは、洗濯機乾燥機 はありませんが、フルキッチン、各フロアーにランドリールームがあります。 詳細はお問い合わせ下さい。

http://www.plus7corp.com/marinesurf.html

【カンタベリープレイス】 2016年4月の売り物件

カンタベリープレイスは、二重のセキュリティーがあり、住居専用の高級コンドミニアムです。ロビー横には、池に鯉が泳ぎ、静寂に包まれて、落ち着いた重厚さが魅力です。 詳細はお問い合わせ下さい。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com/canterburyplace.html

【アリュアー】 2016年4月の売り物件

2016年04月の売り物件は、15軒です。
アリュアーは、重厚なつくりで新しく、働くスタッフのホスピタリティーが優れており、リゾート感溢れるスイミングプールなどの共有部分があります。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.plus7corp.com/allure.html
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 >
社名(日本語)
プラスセブン不動産
社名(英語)
PLUS Seven Realty
事業内容
住宅・店舗・商業物件・ホテルなどあらゆる不動産売買、管理、レンタル(短期・長期)取扱い
不動産購入は人生最大のお買物、心を込めてお手伝い致します。
住所
1400 Kapiolani Blvd. B-43 Honolulu, Hawaii 96814
電話番号
808-957-0080 /808-225-5047(携帯)
FAX
808-955-2182
地図