ハワイ(ホノルル)現地時間
6/18(月)18:28
Vol.33
ハワイに住む表紙・「ハワイに住む」夢を「話題のコンドミニアム」で叶えた人たち
ご自宅を拝見しながらインタビューしました。
・大人の女性がリピートしてしまう理由
ハワイでドレスアップして出かけたい!ための6店
・オアフ島の高架鉄道プロジェクト 2025年に完成!etc.
バックナンバー集へ
編集部ブログ

タイムシェア

くじら倶楽部 (オーシャン ウィンド リアルティ)

東京でのセミナーと懇親会のご報告

先日2018年3月11日(日)に開催したくじら倶楽部主催のタイムシェア・セミナーですが、60名を超える方々にご参加頂きました。タイムシェアのオーナー様のご意見も頂戴することができ、非常に充実した2時間となりました。

ハワイのタイムシェア業界の動向、タイムシェアの向き・不向き等から、上級者向けのタイムシェアの利用方法や売却についても触れることが出来ました。また、セミナー後はセミナー会場近くのビアホールで懇親会を行いました。

ご参加頂きました皆様、新宿までご足労いただき、有難うございました。今後もお客様に喜んで頂ける内容を盛り込んで、タイムシェアのセミナーを開催していきたいと思います。次回の開催は5月を予定しております。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/timeshare-seminar-report-03112018

ハワイのタイムシェア部屋数は、全宿泊施設の13.8%に相当します

一体ハワイのタイムシェア数は、ホテルと比べてどの程度なのか?ヒルトンを始め日本の方にもすっかり知名度が上がったタイムシェアですが、バケーションレンタルとほぼ同じ部屋数にまで伸びました。

ハワイ観光局の調べによると、ハワイの宿泊施設のユニット数は 2017年度、前年を 1.6%上回り、史上最多の 8万336件を記録しました。

ハワイ観光局の統計は全宿泊施設を 5つのカテゴリーに分けて分析しています。
ホテル、タイムシェア、バケーションレンタル、コンドホテルの 4種と、アパート、B&B、ホステルその他を一つのカテゴリーにまとめたものです。

増加したのは、ホテル、タイムシェア、バケーションレンタルです。バケーションレンタルは前年比 3.9%増の 12,659件、タイムシェアは 3.2%増加で 11,062件、ホテルが 1.2%増えて 44,431部屋が記録されました。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/post-11091

2017年度のハワイタイムシェア利用者は、23万人でした

データから見るハワイのタイムシェア利用者は、年々増加傾向です。稼働率も高く、税収という視点からもハワイに貢献しています。昨年2017年度のタイムシェア利用者は、23万人でした。引き続きタイムシェアの活用者は増えていくものと予想されます。

昨年2017年度の第3四半期はタイムシェアの稼働率がホテルの客室稼働率よりも高い数字を記録しました。
タイムシェアの稼働率はホテルよりも 9%ポイント高い 90.1%でした。

この期間の観光客の 9.8%がタイムシェア利用者でした。前年同期より 7.6%多い 235,112人がハワイのタイムシェアリゾートに滞在しています。そのうちの 77.6%は滞在中一貫してタイムシェアに宿泊し、残りの 22.4%が他の宿泊施設も併用しました。


続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/post-11100

2017年もオアフ島の住宅は値上がりしました

ハワイの住宅価格って、バブルのように上がっていませんか?とよく質問されることがあります。既に日本の住宅価格と比較しても、負けないくらい高額になっています。2017年度は引き続き住宅価格が上向きであったというデータの紹介です。

12月の住宅販売数と価格が、2017年度オアフ島の住宅業界の好成績に貢献したそうです。

オアフ島の 12月の住宅市場は、コンドミニアム、一戸建て共に、売上と中間価格の両方が前年同期を上回りました。
前年同月比 5.9%増しの 361戸の一戸建て住宅が売買され、中間価格も 2016年 12月の 73万ドルから 2.3%上昇した 75万ドルとなりました。
中間価格とは市場の中央値を表すもので、2017年12月に販売された住宅の半分が 75万ドル以上、半分がそれ以下であったことを意味しています。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/post-11068

カイルアビーチの海洋ゴミ回収の話し

くじら倶楽部としても、今後環境問題に貢献できるように活動を始めていきたいと考えています。

日本からのハワイリピーターの方にも、ぜひ、綺麗なハワイを後世に残すために、環境問題に意識を向けて頂けたらと思っています。

今回は、カイルアビーチに打ち上げられた大量の海洋ゴミが、一人の住民の行動を発端に、集まってきた市民の手によって片づけられたというニュースをご紹介します。

海岸のゴミは、市と州が処理の管轄を検討する間、海岸に放置されるままになっていました。
1月2日、犬を散歩していた近くの住民、レイモン・ヴリリンク氏は、海岸の「キャッスル」と呼ばれるエリアが漁網やロープや椅子など、さまざまな金属やプラスチックのゴミに覆われているのに気づきます。この場所をよく訪れる他の人たちも同意していますが、この火曜日ほどゴミが目立って見えたことはなかったといいます。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/kailua_marine_debris

ヒルトンホテルグループのグランド・ワイレア(マウイ島)が11億ドルで売買

ハワイのホテル業界は、オーナーチェンジ(所有者の変更)が活発に行われているようです。ヒルトンホテルグループでも最高級レベルに位置する、マウイ島のグランドワイレアが売買されます。

マウイ島の「グランド・ワイレア・リゾート&スパ」が 11億ドルで売買契約中というニースです。

これはハワイのホテルの値段としては史上最高額です。アメリカ全土でも 3年前に19億5千万ドルで買収されたマンハッタンの「ウォルドフ・アストリア(現在ヒルトンホテルグループに加入)」に次いで史上 2番目の高額となります。

買収を予定しているのは、ニューヨークを拠点とするブラックストーン・グループ。以前に、ヒルトンホテルを買収して、一旦、上場を廃止して昨年2016年初頭に再上場させて会社です。

この会社は、世界中に 21万1千部屋の宿泊地を所有する、アメリカ有数の大手不動産投資会社の一つでもあります。
昨年はオアフ島の「タートルベイ・リゾート」をクレジット・スイス社を筆頭とする共同事業体から 3億3千万ドルで買収しています。

グランド・ワイレアを売却するのは、シンガポールの政府系ファンド「シンガポール政府投資公社(GIC Private Limited)」です。
グランド・ワイレアは 776室からなるリゾートで、11億ドルで売られた場合の一部屋の値段は 140万ドルにあたります。ハワイのホテル・リゾート投資業界の強気市場続行の兆しと見ることができるでしょう。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/post-11081

ハワイの歴史を勉強しましょう

ハワイファンの方々に、少しでもハワイの歴史を知って頂こうと思います。

ハワイは、元々ハワイ王国でした。米国の一部になってまだ125年しか経っていません。その経緯と、その式典に関する情報をご案内します。

先日、1月17日に、ハワイ王国転覆 125周年の式典がイオラニ宮殿で執り行われました。

オニパア・カコウ(Onipa’a kākou)と呼ばれるこの式典は「アロハ・オエ」などの作曲でも高名な、ハワイ王国最後の女王リリウオカラニを偲び、ハワイの先住民とその文化に対する差別などの問題を地域社会に提起することを目的に毎年行われています。
カコウとはハワイ語で「全ての私たち」という意味です。


「毅然(きぜん)」を意味するオニパアはリリウオカラニ女王の座右の銘でした。



リリウオカラニは 1891年に即位すると、米国への併合を目指す共和制派との対決姿勢を強めた女王でした。前カラカウア王の時代に、アメリカの宣教師の末裔、ロリン・サーストンらが起草した憲法が、共和制派のクーデターにより制定されていました。強制的に承認させたという意味で「ベイオネット憲法(銃剣憲法)」と呼ばれるこの憲法は、収入や資産などの基準を投票権に用いた為、貧しい人々、主にアジア系移民や多くのハワイ先住民は選挙権を剥奪されました。同時に、サトウキビ農場で経済力をつけた白人農場主を中心とした、富裕層の欧米系移民の政治的発言力が強まっていきました。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/post-11230

ワイキキで新しくオープンしたオーシャンフロントのレストラン

ワイキキで新しくオープンしたオーシャンフロントのレストラン

昨年9月末で閉店した「ショアバード・レストラン&ビーチバー」の場所に新しいレストラン「Reef」がオープンしていたので行きました。
昨年2017年の11月にオープンしました。以前あった「ショア・バード」は、オーシャンフロントのレストランですが、価格もお手頃で味もおいしいということで人気でした。新しいレストランはどう変わったか気になるところです。
中はほとんどショアバードの時と変わっていませんが、柱のデザインと色が爽やかになっていました。開放感が合って、雰囲気が良いです。ランチメニューを見てみると、ショアバードと同様にランチビュッフェがありました。一人$22です。

ショアバードのランチビュッフェは約$16でした。

サンドウィッチ、ハンバーガー、タコスには、サラダ、トロピカル・フルーツ、フライドポテト、ライス、マカロニサラダの中から2つ、好きなものを選ぶことが出来ます。

サイドのトロピカル・フルーツです。
テーブル席が多く、大人数で行っても大丈夫です。(事前予約をした方が良いです)
ワイキキに新しくオープンしたオーシャンフロントのレストランは、前にあった「ショアバード」の雰囲気が残る良いレストランでした。

オアフの不動産価格が上昇;ホテル・リゾートは 16.5%増

オアフの住宅の価値が上がっています。堅調な不動産市場に関するニュースです。但し、不動産の相場とタイムシェアのリセール相場は連動しておりませんが、ローカル情報としてご紹介いたします。

好調なハワイ不動産
ハワイの不動産が堅調です。とくに、ノースショア、カアアヴァ – カフク、ワイアワの3地域では、前年度に比べてそれぞれ 12.1%、13.4%、8.5%と急騰しました。

住宅価格の高騰の原因には、住宅在庫数の大幅な不足のほかに、バケーション・レンタルの人気があげられています。
バケーション・レンタルへの転換を目的に、別荘の名目で買い上げられる物件が増加しているとの見方です。バケーション・レンタルとして貸し出した場合、短期間で採算が取れることを見込んで、売値よりも高い値段で購入されているようです。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/oahu_home_values

平均$240というホテル代は上がる。順調なホテル業界。

最近、ハワイのホテル代が上がったと良く話題にでます。世界のトップリゾート地であるハワイのホテル事情に関するニュース記事をご紹介します。アメリカの景気の良さが他島の好調を支えているようです。

1. 順調なホテル業界
ハワイのホテル業界は10月も引き続き業績を伸ばし、今年全体を通じて好調でした。
州全体の客室利用率は横ばいでしたが、平均宿泊料金が上がったことで 10月の売り上げが伸びました。
『KV&アソシエイツ・ホスピタリティー・コンサルティングLLC』と『STR Inc.』の調査をまとめた報告書を、ハワイ観光局(HTA)が 11月末に発表しています。
今年 10月のハワイの客室利用率は、去年の同時期に比べて 0.1%増の 78.6%でした。
対する平均客室単価(ADR)は、去年に比べておよそ 4%高い 240ドルとなりました。一室あたりの平均売上高(RevPAR)が約 4%増の189ドルでした。
『RevPAR』とは、宿泊費総額をホテルの全客室数で割って、一部屋あたりの収入を計算した数値です。客室利用率と平均宿泊料を同時に考慮した収益性を表すために、ホテル業界でよく使われる指標です。


続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/october_revenue
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >
社名(日本語)
くじら倶楽部 (オーシャン ウィンド リアルティ)
社名(英語)
Ocean Wind Realty, LLC
事業内容
創業15年以上!タイムシェアのリセール専門会社!
タイムシェアの追加購入・買い替えに最適のタイムシェア リセール物件(再販物件)をご紹介。賢く購入、ご利用出来る、タイムシェアとは?
タイムシェアのプロが、ご相談、アドバイスをさせていただきます。
住所
2155 Kalakaua Ave #420
電話番号
03-4588-8153
FAX
03-6868-3642
地図