ハワイ(ホノルル)現地時間
6/24(土)07:24
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ

タイムシェア

くじら倶楽部 (オーシャン ウィンド リアルティ)

バケーション中に、非日常を体験する。お子さん連れにお勧めの「夜のホノルルZoo」

「タイムシェアを通して子供達に一生の思い出になるバケーションを体験させてあげる。これが親の努めだ!」

この言葉は、2000年にヒルトンに入社して初めてアメリカ人の販売トレーニングを受けた時の上司の言葉でした。



一生の思い出に残る思い出となると、非日常的な場所や風景だったり、綺麗な夕日や自然だったりすることがあります。

私はなぜか小学3年生の夏休みに言った、家族との海水浴を思い出します。大好きな両親と、仲の良かった兄と4人でいった千葉の岩井海岸。ずっとワクワクしていたのを思い出します。



ぜひ、お子さん連れの方には、ハワイ旅行であっても、意図的に思い出になるような体験や演出を工夫して頂けたらと思います。 今回は、ハワイのローカル紙で案内された夜の動物園ツアーに関する情報ですので、宜しかったらトライしてみてください。

1 夜の動物園ツアーが再開します

人が居なくなったあとの動物園を想像したことはありますか?
ホノルルズーの夜の動物園ツアー、『トワイライトツアーズ』が4月7日の金曜日から再開します。
毎週、金・土曜日の夕方5時半から7時半まで、閉園後の動物園をガイドが徒歩で案内するツアーです。

『ウィークエンド・イベントのトワイライトツアーズをまた開催することになり、われわれ一同もとても楽しみにしています。』ホノルルズー・ソサエティーの理事、デイビッド・アールス氏はこう言っています。『いつもと違う動物園を楽しんでいただき、普段見えない場所や時間でも、動物たちは24時間体制でケアされていることを知っていただければと思います。』

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.kujiraclub.com/nakayama

ヒルトンのタイムシェアが今後も安定成長できる理由

私がヒルトンに在籍していた時、タイムシェアビジネスに関して日本のS社とのジョイントベンチャーの話しがありました。当時は、グランドワイキキアンの開発に目処が付いたものの、それ以降の開発仕込みがワイキキでは困難であるという見方が出ていた時期でした。


1 当時、ヒルトンのトップが日本のS社に対して説明した、タイムシェアビジネスで重用な2つのこと

少し専門的な話になりますが、タイムシェアビジネス成功の秘訣として、1つは継続した開発案件の確保がありました。そして、2つ目がSale & Marketing、日本語で言う集客と販売のノウハウです。当時は、ワイキキないしは日本国内でのリゾート物件の開発販売を計画していましたが、どちらも困難な状態でした。ワイキキでは既に開発用地が無いこと、日本の市場では、法律が違うため、米国のタイムシェアと同じ商品開発が難しい状況でした。

今年、ヒルトン・グランド・バケーション・クラブがNY証券取引場で株式を公開し、新たな成長路線を進みますが、ここで重用な役割をはたすのが、同じくヒルトンホテルからスピンオフして上場した、不動産信託会社『パーク・ホテルズ&リゾーツ』の存在です。

2 パーク・ホテルズ&リゾーツがタイムシェアを専門に開発します

ヒルトン・ハワイアンヴィレッジに、また新たなタワーが加わる予定です。ワイキキのアラモアナ・ブルバード沿い、『グランド・ワイキキアンと『カリア・タワー』の間に位置するアラモアナ通側に、店舗を含む高級ホテルかタイムシェア、もしくはマンションを開発する計画があることを発表しました。 『パーク・ホテルズ&リゾーツ』 が正式に投資家に向けて先月発表した情報です。

この案件は、ちょうど現在 『神戸 ジャパニーズ・ステーキハウス』 をはじめとした、レストランや小売店が立ち並ぶエリアになります。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/hiltongrow

話題のグランドアイランダー

グランドアイランダーのペントハウスを見てきました。地元の新聞でも取り上げられ、何かと話題に登っています。

1. 418ユニットはワイキキ最大のタイムシェアです

1~3ベッドルームからなる部屋が混在する全418ユニットのこの建物は、ホノルルの会社「G70」が建築し、南カリフォルニアが拠点の「インディデザイン」がインテリアデザインを担当しました。
ヒルトン・ワールドワイド・ホールディングスの子会社、ヒルトン・グランドバケーションズの社長兼CEOのマーク・ワン氏は、グランドアイランダーはハワイ旅行のリピーターを増やし、ハワイの観光に貢献するだろうとインタビューに答えたそうです。

続きはこちらからご覧になれます。
http://www.kujiraclub.com/nakayama

新館グランドアイランダーが人気の5つの理由

グランドアイランダーは納得の完成度でした。新館、グランドアイランダーがオープンして、ハワイアイのメンバーさんのご招待でお部屋を見させて頂きました。ヒルトンの最新物件、グランドアイランダーの人気の理由をご案内します。
1 何と言ってもワイキキで最新の物件である

先週、実際に宿泊した方3組とお話する機会がありました。やはり新築というのは気持ちのよいものです。先週宿泊された方は、オープン後最初の宿泊客となりますので、皆さんそのご縁とタイミングを大変喜ばれていました。日本の富裕層の方ははやり新しく良いものを好みます。お話しているだけでその喜びが伝わってきました。
続きはこちらからご覧になれます
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/新館グランドアイランダーが人気の5つの理由

アメリカ人に人気のマリオットとディズニー

アメリカで30年以上持つタイムシェアは、自分の使わない権利を貸出する人が多くいます。その中で、人のタイムシェアを借りる市場でのトップランキングが発表されました。

アメリカのタイムシェア・コミュニティー 「レッド・ウィーク」 は、毎年恒例の 『当ウェブサイトの利用者が選ぶ、人気のタイムシェア、トップ25』 2017年版を以下の通り発表しました。



1 第一位はフロリダのディズニー

一位のディズニー・ビーチクラブ・ヴィラ (フロリダ州 レイク・ブエナ・ビスタ) をはじめ、トップ25のうち8か所をフロリダのリゾートが占めました。

その他に、アルバやバハマ、カンクン、ヴァージンアイランドのタイムシェアが選ばれましたが、ランクインしたハワイのタイムシェアの数はフロリダに次いで全7か所でした。





2 ハワイでランク入りしたリゾート

5位の 『マリオット・マウイ・オーシャンクラブ』(マウイ島ラハイナ)

7位、カポレイの 『マリオット・コオリナ・ビーチクラブ』

14位、マウイ島ラハイナの 『ウェスティン・カアナパリ・オーシャンリゾート』

16位、マウイ島ラハイナの 『マリオット・マウイ オーシャンクラブ・ラハイナ・ヴィラ』

20位、ホノルルの 『ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ (HGVC) アット・ヒルトン・ハワイアンビレッジ』

21位、カウアイ島のコロアにある 『マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ』

22位、マウイ島ラハイナの 『マリオット・マウイ・オーシャン・クラブ・ナピリ・ヴィラ』



ハワイでランキング入りした7つのタイムシェアのうち4か所がマウイ島ラハイナのリゾートです。

続きはこちらからご覧になれます
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/アメリカ人に人気のマリオットとディズニー

気になるリセールの2つの欠点: ヒルトン編

ワイキキの事務所にお越しいただく方々から一番良く頂く質問が、新規での購入とリセール物件を購入した場合の違いです。ヒルトンの場合、各リゾート会社の中でも一番良心的で、ほぼ同じように使うことが出来ます。新規購入とリセール購入では、2点ほど違いがありますので、再度、ここでおさらいしてみたいと思います。

1 エリートメンバーになれない、昇格しない

ヒルトンのタイムシェアをリセールで購入した場合、仮に14,000ポイント以上持っていたとしても、エリートメンバーになることができません。

また既存メンバーさんが追加購入した場合でも、エリートのプラスやプレミアムの会員になることができません。



エリートメンバーになった場合の最大のメリットであるHオーナーズのゴールドステータスは、三井住友のビザカードでゴールドカードを取得すれば自動的にもらえます。

詳細はこちらをご覧ください。

https://www.smbc-card.com/nyukai/affiliate/hilton/index.jsp



Hオーナーズのゴルド又はダイヤモンドのステータスだと、ホテルでの宿泊の際に、朝食が付き、ラウンジが無料で利用でき、部屋が開いているとアップグレードしてもらえる場合があります。(ホテルの空き具合と規定によります)



ですのでエリートステータスを意識していない方、すでにエリートでそれ以上の昇格をあまり必要としない方にはリセールで十分かもしれません。

続きはこちらからご覧になれます
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/気になるリセールの3つの欠点:-ヒルトン編

買い手市場のタイムシェア業界3つの要因

為替の行方はどうなるか? 今は買いどきか? どうしたら良い買い物ができるか? など、リセール相場についての質問が多いため、今回はその説明を行いたいと思います。

ハワイのタイムシェアリセール価格を左右する3つの要因をご説明します。
1 季節要因
毎年12月から1月には各リゾート会社の年間管理費の請求書は各オーナー様のところに届きます。あまり活用しきれていない方や、使っていないオーナー様によっては売り出しに出される方が年間の中で一番多い時期です。年によっても異なりますが、通常12月から2月末ごろまでが新規掲載(売り出し)が多いようです。また、今まで売りに出していた方が売れない状態で管理費を払うと、「早期に売却をしたい」と言う考えから値下げに踏み切る方が多い時期でもあります。

2リゾート会社の第一先取り特権
Right of First Refusal 通称:業界ではROFRと言われます。
何度か過去のブログでも説明しておりますが、リゾート会社の第一先取り特権の動きとリセールの価格は非常に大きな関係があります。
リゾート会社が安い価格で市場で取引されることを嫌い、価格の安い売買取引には売買の許可を出さずに買い取ってしまうことがよくあります。日本ではあまり馴染みのない制度ですが、米国の不動産業界やリゾート業界では一般的な商習慣の一つです。

続きはこちらからご覧になれます

https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/threereasons-2

プロが案内する、ハワイ タイムシェア4社のリセール相場

リセールの相場は会社により、かなり異なります。為替相場以外に、リゾート会社が買い取りを実施しているか、また、その価格水準がどの程度かにより異なります。以下は、参考までに各社のリセール相場を把握する上での情報となります。また2017年1月末時点の相場となります。

1 ヒルトン

ヒルトンの ハワイ市場における第一先取り特権行使の価格は、昨年が過去一番低い水準でした。その為、リゾート会社による買い支えがない状況でしたので相場が低迷しています。過去最安値の水準と言っても良いでしょう。合わせて管理費の請求が行われる年末年始の季節的要因も重なり、掘り出し物が多く出回っています。買い希望の方はお買い得物件を見つけるチャンスと言えます。逆に、売却をお考えの方は、あまり売り急がない方が良いかもしれません。ただし、今後の先行きは予測が立てづらい状況です。現在の価格相場がとても低いため、今後の状況次第では、数ヶ月で2、3割の価格上昇する物件タイプが出て来る可能性もあると言えます。

また、グランドワイキキアンのペントハウスやラグーンタワーのオーシャンフロント固定週など、高額優良物件にはウェイティングが入っている状況です。

続きはこちらからご覧になれます
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/プロが案内する、ハワイ-タイムシェア4社のリセ

ヒルトン グランド バケーションが上場しました

ヒルトンのタイムシェア部門が上場しました。

1月4日にニューヨーク証券取引上で、公開企業としてヒルトンホテルから独立して株式を公開した形になります。

ご参考までに概要をご案内します。



ヒルトン グランド バケーションズクラブの概要

創業25年目(1992年設立)

従業員8000人

倶楽部メンバー 26万人

47リゾート物件

ヒルトンホテルとは100年契約でブランドを使える

交換で利用できるヒルトンホテル4800ヶ所

2015年売上げ:$1.5 billion (1700億円)

経常利益:$174 million (200億円)

続きはこちらからご覧になれます
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/ヒルトン-グランド-バケーションが上場しました

知っておくと便利なタイムシェアの名義人ルール

正しい知識があれば無駄な経費を使わなくても良かった!と言うことは、タイムシェアに関してもよくある話です。

今回は、購入の段階で質問の多い、どのように名義登録すべきかという事についてご説明します。

この説明は、単に所有すると言うだけでなく、売却時の経費を含めてのアドバイスとなりますので、タイムシェアリセール専門会社ならではのアドバイスです。

1 単独所有は避けたほうが良い理由

ハワイ州の不動産並びにタイムシェアを単独名義で所有すると、万が一所有者が亡くなった場合、遺言の検認裁判という制度を得ないと、名義の変更や売却自体も行うことができなくなります。その際に物件価格に関わらず、弁護士費用として約50万円ほど掛かります。ですので、この費用を避けるためにも2人以上で所有するほうが良いと一般的に言われます。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/titlerule
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >
社名(日本語)
くじら倶楽部 (オーシャン ウィンド リアルティ)
社名(英語)
Ocean Wind Realty, LLC
事業内容
創業15年以上!タイムシェアのリセール専門会社!
タイムシェアの追加購入・買い替えに最適のタイムシェア リセール物件(再販物件)をご紹介。賢く購入、ご利用出来る、タイムシェアとは?
タイムシェアのプロが、ご相談、アドバイスをさせていただきます。
住所
2155 Kalakaua Ave #420
電話番号
03-4588-8153
FAX
03-6868-3642
地図