ハワイ(ホノルル)現地時間
6/20(水)10:39
Vol.33
ハワイに住む表紙・「ハワイに住む」夢を「話題のコンドミニアム」で叶えた人たち
ご自宅を拝見しながらインタビューしました。
・大人の女性がリピートしてしまう理由
ハワイでドレスアップして出かけたい!ための6店
・オアフ島の高架鉄道プロジェクト 2025年に完成!etc.
バックナンバー集へ
編集部ブログ

タイムシェア

くじら倶楽部 (オーシャン ウィンド リアルティ)

沖縄瀬底島緊急レポート

以前、 ヒルトンが日本でタイムシェアを始めます「沖縄瀬底リゾート」 の記事では、沖縄にヒルトンのタイムシェア・リゾートのオープンが発表されたことをご紹介しました。

この記事に反響があり、「最近(2017年11月)の瀬底島の様子を見てきました」というハワイ好きの日本在住の知人からレポートをいただいたので、ご紹介いたします。

2017年11月末に訪れた瀬底島の感想
中山さん、こんにちは。私は、2017年11月末に沖縄本島を訪れたのですが、その際、美ら海水族館を訪れるついでに瀬底島にも寄ってみることにしました。中山さんのブログで、ヒルトンが瀬底島にリゾートをオープンすることを知り、気になっていたからです。また、これまで私は瀬底島を訪れた経験がなく、「どんなところか見てみたい」という思いもありました。そこで実際に訪れて感じた瀬底島についてご紹介します。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/sesokojima_report

カポレイにヒルトンのエンバシー・スイーツがオープンしました

コオリナの近くにあるカポレイでのホテル関連情報です。9月21日にオープンしたカポレイのホテル『エンバシー・スイーツ・バイ・ヒルトン』の開館式が10月18日に行われました。ヒルトンのホテルポイントで利用できるホテルです。

カ・マカナ・アリイ・ショッピングセンターにこの夏オープンした 175室の『ハンプトン・イン&スイーツ・バイ・ヒルトン』に次いで、ウエスト・オアフ、カポレイに建つ 2番目のホテルとなります。
エンバシー・スイーツの近くでは、同地区で 3軒目のホテル『レジデンス・イン・バイ・マリオット』の建設も始まっています。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/embassy_suites_kapolei

タートルベイ・リゾートの買収

オアフ島ノースショアの『タートルベイ・リゾート』がブラックストーン・グループに買収される動きがあるようです。
買収価格は 3億3千万ドルで合意され、12月中旬に契約が締結される予想だと地方紙が報じています。
タートルベイとブラックストーンの担当者は、取引に関するコメントを控えているようです。
白い砂浜で、世界最高の冬のサーフィンスポットとして知られるオアフ島北岸は、過去30年間さほど変わっていません。新しいレストランやハワイアンアイスの店が増え、ライエにはホテル『コートヤード・バイ・マリオット』が建ちましたが、リゾート開発は現在のところ進められていません。
45年前にクイリマ・リゾートの名で開発されたタートルベイ・リゾートが、ここでは唯一のリゾートです。プライベートビーチでのウォータースポーツはもちろん、ゴルフや乗馬も楽しめ、結婚式用のチャペルからヘリポートまで併設されています。
1972年にカジノ開発者 デル・ウェブ氏とプルデンシャル保険会社が建設したこのリゾートは、ハイアットやヒルトン、朝日住建など何度か所有者を変えており、現在はクレジット・スイス社を筆頭とする共同事業体が所有しています。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/turtle_bay

タイムシェアの経済効果

タイムシェア業界と言えばアメリカでも20年以上安定成長している分野です。特に世界のトップリゾートであるハワイでは、毎年多くのタイムシェア物件が誕生しています。今回は、業界レポートが発表されましたのでご紹介させえて頂きます。

ここ数年、ハワイでのタイムシェアの年間売り上げが、毎年10億ドルを超えています。先日発表された調査では、タイムシェア産業が州の雇用率や収入にも大きく貢献していることが確認されました。

世界 4大会計事務所の一つで、タイムシェア関連の報告でも定評のある『アーンスト・アンド・ヤング』が、タイムシェアの公的機関『米国リゾート開発業者協会(ARDA)ハワイ』のために以下の調査をまとめました。


続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/ernst_young_report

アメリカの格安航空会社のハワイ便参入ニュース

日本でもLLCがハワイに乗り入れが開始され、今後の航空業界の動きが注目されます。今回は格安航空券で有名な、サウスウェスト航空が、アメリカ本土からのハワイ便就航の決定を発表したニュースです。

1 他社よりも安くをモットーとしている
テキサスを拠点とし1971年から運航しているアメリカのサウスウェスト航空は、格安航空券の提供と価格競争の実績で注目されている航空会社です。
同社は、ハワイへの運賃を他社より安く提供することが目的であると明かしています。
最終的には市場を動かすつもりで競合他社より低い料金を設定すると、代表取締役副社長兼最高財務責任者のアンドリュー・ワターソン氏は発表しました。

「『サウスウェスト効果』と呼ばれているが、当社の料金は平均的に他社よりも低いか、市場の平均値を下げさせている。人件費は惜しまず、人材と機体の効率的な運用から低価格を導き出している。」とワターソン氏は説明しています。


続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/southwestairline

パシフィック ビーチホテルが アロヒラニ・リゾートになりました

ワイキキ、クヒオビーチに面するパシフィック ビーチホテルが、今月から『アロヒラニ・リゾート・ワイキキ・ビーチ』になってオープンします。

1. 新装オープン

アロヒラニ・リゾートは、2016年から1億1500万ドルかけて改装され、今年8月にコメルツ・リアル社がハイゲート・ホールディングス社から5億1500万ドルで購入しました。

改装には、デイビッド・ロックウェルのロックウェル・グループ、ホノルルに拠点を置くWATG、そしてパシフィック・アジア・デザイン・グループが携わり、839の全客室を含む内部空間やファサードが新しくなりました。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/alohilani_resort

ホノルル市電完成へ向けての復興計画書が提出されました

予算上の問題で遅滞しているホノルル市電計画ですが、ようやく連邦運輸管理局(FTA) に復興計画書が提出されました。

1.計画が復活しました

ホノルル市電計画に15億5千万ドルの補助金を出資しているFTAは、資金不足を補う計画書の提出をホノルル高速輸送公社(HART) に求めていました。
前年8月の提出期限から4度にわたって延期され、先月15日に提出された計画書は、213ページにわたり財政解決や完成までのスケジュールが示されたものです。
(計画書全文はこのリンクからPDFファイルでご覧になれます)

計画発足当初には52億ドルと見積もられていた総費用は徐々に膨れ上がり、現時点では90億ドルを超えることが予測されています。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/hart_recovery_plan

ハワイ旅行者が増加した理由

ハワイの観光客の数と外客消費額が前年同期間を上回っています。


1. 8月は約82万人がきました

ハワイ観光局(HTA)の統計によると、今年8月の来客数は前年比 4.8% 増の 818,581人、その総消費額は 6.1% 増の 13億9千ドルでした。
今年度累計では来訪者数は 630万人と、昨年の同じ期間より 4.7% 多く、外客消費額は総額 113億4千ドル(一人あたり一日 199ドル)と 8.5% 増えています。



2. アメリカ西部からが一番多い

ハワイへの旅行者が一番多いのは、アメリカ西部、アメリカ東部ですが、国外では日本からが圧倒的に多く、ついでカナダからとなります。今年は、カナダと日本からの観光客が増えたのとは対照的に、他の海外からの来客数はわずかに減っています。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/hta_august_statistics

来春からJALとハワイアン航空のパートナーシップが始まります

来春から日本航空(JAL) がハワイアン航空(HA) と新しいパートナーシップを開始することが決まりました。

1. JAL&ハワイアン

ハワイに強い二つの航空会社が提携を結び、来年の夏季ダイヤが始まる3月25日から、コードシェア便の運航やマイレージプログラムの連携を始めることに合意しました。
その他に、JALPAKのツアーでもHA便を売り出すこと、成田のHAターミナルがJALと同じ第二ターミナルに移動すること、ラウンジの相互アクセス、日本からだけでなくアジア⇔ハワイ路線でのダイヤを調整するなどの計画が進行中です。


続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/jal_hawaiian

シンガポールのLLCが大阪経由のホノルル便を開通します

タイムシェアオーナーさん、ハワイが大好きなリピーターさんに朗報です。

シンガポール航空グループの格安航空会社『スクート航空』が、ハワイ便の開始を発表しました。

1. スクート航空

シンガポールを拠点とするスクート航空は、シンガポール発、大阪(関西国際空港)経由ホノルル行きの便の予約をすでに受け付けています。
ホノルル便は今年12月19日にスタートし、月、火、金、土曜日にシンガポールを発つ週4便で運航する計画です。


大阪 – ホノルル間は、JAL、ハワイアン航空、デルタ航空の他に、クアラルンプール発大阪経由の、マレーシアを拠点とする航空会社、エアアジアXがすでに運航しています。
来春にはJALとハワイアン航空のコードシェアも始まり、日本だけでなくアジアとハワイを結ぶ路線の増加と運航調整が構想されています。

続きはこちらからご覧になれます。
https://www.kujiraclub.com/nakayama-blog/scoot

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >
社名(日本語)
くじら倶楽部 (オーシャン ウィンド リアルティ)
社名(英語)
Ocean Wind Realty, LLC
事業内容
創業15年以上!タイムシェアのリセール専門会社!
タイムシェアの追加購入・買い替えに最適のタイムシェア リセール物件(再販物件)をご紹介。賢く購入、ご利用出来る、タイムシェアとは?
タイムシェアのプロが、ご相談、アドバイスをさせていただきます。
住所
2155 Kalakaua Ave #420
電話番号
03-4588-8153
FAX
03-6868-3642
地図