ハワイ(ホノルル)現地時間
9/24(日)04:01
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.02.10

ワードウェアハウスの閉鎖、解体の日程が決定

ワード・ウェアハウスは、8月に閉鎖され、解体される予定である。ハワード・ヒューズ・コーポレーションの経営幹部は、パシフィックビジネスニュースに今週、伝えた。
このカカココ・コンプレックスの解体は、テキサスの開発会社による60エーカーのワードビレッジマスタープランの一環としての再開発に向けての最初の段階にあり、 ワードウェアハウスは最終的に有名な建築家Richard Meierによって設計された2つの高級コンドミニアムタワーを含むゲートウェイ Tタワーズに置き換えられることが予想されている。
ハワード・ヒューズ・コーポレーションは、第2四半期の業績見通しにおいて、この2つのタワーの建設は、プロジェクトのためのプリセールスと資金調達の許容レベルを得ることを条件としていると述べた。

ハワード・ヒューズのコミュニティー開発担当副社長トッド・アポ氏は、「ワードウェアハウスの解体は、ワードビレッジコミュニティの発展の綿密なポイントです。この地域の未来を楽しみにしている私たちは、40年間にわたってワードウェアハウスを特別な場所にしてきたすべての商店に心からの感謝をしています。」と電子メールで声明を出し、パシフィックビジネスニュースに語った。

いくつかのワードウェアハウスの店、酒コレクション、ハッピーハレイワ、エグゼクティブシェフ、カイピーソーなど、すでに店舗を閉鎖することを選択。他親ブリューバー、アイランド・スリッパ、ザ・ウェディング・カフェ、オールド・ スパゲティ―・ ファクトリーなども他のスペースに移動したりしている。

その他の記事