ハワイ(ホノルル)現地時間
7/28(金)03:05
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.03.10

ハワイの不動産税の3分の1は州外の所有者によって支払われている

ハワイ州産業経済開発観光局は発表した新しい報告書の中で、2016年に3分の1近くの州の不動産税が州外の所有者によって支払われたと見積もった。

「ハワイの不動産税の分析」という表題の報告書は、ハワイの不動産税の32.3%は、島外の所有者が支払ったものだと報告した。

同局がハワイ州議会の要請により実施した分析は、州の4つの郡すべてから得られた実際の不動産税記録に基づいている。

同局の管理者Luis Salaveria氏は、「この報告書は、不動産の所有や不動産の種類と所有者の居住権利による不動産税の負担金に関する詳細な情報を提供している。」

「この調査では、不動産税と政府、金融、不動産投資、建設、住宅需要、観光等のような経済における他の部門との相関を調べている。」と述べた。

州のチーフエコノミストEugene Tian氏は、不動産所有者の居住地の決定が難しいため、同局は不動産所有者の居住地の代わりとして税通知郵送先住所を使用したと述べた。

「しかし、その郵送先住所には、不動産所有者に加えて、管理会社、弁護士、会計士、または友人や親戚も含まれている可能性があるため、正確な数値ではなく推定値を提供している」とTian氏は付け加えた。

調査の延長として、Tian氏は同局が郵送先の性質を特定するための調査を計画していると述べた。

その調査は、ハワイの住民は徴収された不動産税の全体の67.8%、米国の本土の在住者は29.9%、外国人は不動産税収の2.4%を拠出したことを明らかにした。

その他の記事