ハワイ(ホノルル)現地時間
10/21(土)12:50
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.03.13

ハワイコンベンションセンター近くの10億ドルコンドミニアムホテル

Salem Partnersがホノルルのハワイコンベンションセンターの向かい側にコンドミニアムホテルタワーの建設について最初に尋ねたとき、ロサンゼルスに本拠を置く投資銀行と資産管理会社は、Kapiolani Boulevardに沿って他のいくつかの他のタワーがそのプロジェクトに加わることをほとんど知らなかった。

そのエリアはカカココに続く次のコンドブームに本拠地になるようだ。

ハワイコンベンションセンターで木曜日に開催された、第14回NAIOPハワイ不動産シンポジウムでパネリストを務めた、Salem PartnersのマネージングパートナーであるJim Ratkovich氏は、マンダリンオリエンタルホテルグループの旗を揚げる10億ドルのマナオラナプレイスプロジェクトの232ユニットの詳細を明らかにした。

同氏は、マナオラナプレイスの敷地を購入したときに、同社はこのプロジェクトが市の高架鉄道の終着点である、カピオラニーアラモアナエリアに沿った公共交通指向型開発に関する市の議論の始まりであったことを完全には理解していなかったと述べた。

125のホテルの客室と107の豪華な住宅を含む36階建ての同プロジェクトは、触媒プロジェクトの一環であったため、同氏は規制当局の承認を受けるのに少し時間がかかったと語った。

同氏は、同社が十分に手頃な価格の住宅を提供していないとのいくらかの懸念があることも指摘した。最終的に、デベロッパーがアラモアナ乗り継ぎ駅の1.6キロ以内に手頃な価格の賃貸住宅の売り出し物件を増やすことを助けるために、市に3百万ドルを払わなければならないことに市は合意した。

36階建てのマナオラナプレイスは、近くに提案されているプロジェクトで手頃な価格の賃貸住宅を1,000戸まで開発するのに役立つかもしれません。

同氏は、規制当局はより手頃な価格の住宅を提供するために開発者に対してより多くの制限を科すべきではない、それが実現しない開発につながると述べた。

同氏はまた、400フィート高の複合利用プロジェクトの開発は、すぐに多くの経済的利益を市にもたらすだろうと主張した。

工事期間中には、そのプロジェクトによって最大900の仕事が生み出され、2020年に工事が完了すると、マナオラナプレイスによって最大で正味620の恒久的な雇用が生まれる。また、税金と手数料収入で毎年440万ドルを市に貢献する予定である。

その他の記事