ハワイ(ホノルル)現地時間
6/22(木)22:38
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.03.20

ダウンタウンの駐車場は高層開発向けの販売準備が完了

ホノルル、ダウンタウンの空き区画は現在駐車場として使用されているが、その区画は売りに出され、住宅、ホテル、オフィス、小売店または駐車場に展開されるかもしれない。

シカゴに拠点を置くNext Realtyが所有するAlakeaとBeretania通りの角にある12,842平方フィートの区画は、Cushman&WakefieldとSofos Realty Corp.によって販売されている。販売リストによると、この土地は毎月の収入で19,000ドルを生み出す38台の駐車場として現在使用されている。

35階建てのピナクル・ホノルル・ラグジュアリー・コンドミニアムの隣にあるこの土地は、以前はデトックス・ラウンジで占められていましたが、その名前はメキシコ料理レストランToritoと同様にSound / Houseへ変更された。

買い主は、その区画を327台の駐車場に発展させることができ、区画上の現在のゾーニングは、住宅、ホテル、オフィス、小売用途にも使用できる。

2014年、Next RealtyのAlakea Parking Partners LLCは、ピナクル・ホノルル・プロジェクトを開発したCaribou Industries Inc.を所有する、カリフォルニアのデベロッパーMichael Harrahからその区画を570万ドルで購入した

公的記録によるとその区画の総評価額は約390万ドルである。

2007年、Harrah氏は、同氏の閉店している人気5つ星レストラン、オレンジカウンティをモデルにした、Ambrosiaという名前の高級レストランを併設した公共駐車場を建設する予定であった。

その計画は、9階に白いテーブルクロスを引いたレストランを併設する、8階建て198台の駐車場を建設する予定で、同氏はその計画に1000万ドルを費やす予定だった。

同氏は、2004年にピナクルの12,000平方フィートの土地に対して325万ドルを支払い、1192 Alakea St.の区画に250万ドル以上を費やした。

その他の記事