ハワイ(ホノルル)現地時間
6/22(木)22:39
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.03.27

パンダ・エクスプレスのオーナーらがワイキキ高層オフィスタワーを購入

パンダ・エクスプレスのオーナーらはハワイでかなりの不動産を購入しており、売渡証書によるとその最新かつ最も目立った買入は、ワイキキの入口にある旧パシフィックビジネスニュースと連邦航空局のオフィスビルである。

ハワイコンベンションセンター近くのカラカウア通りにある10階建て97,585平方フィートのビルは、CFIC Hawaii Office LLCに2610万ドルで購入された。同社はパンダ・エクスプレスの創設者夫妻、AndrewとPeggy Cherngが所有するCAND NV Developments LLCが率いる。

1833 Kalakaua Ave.の建物はホテルを含む複合利用プロジェクトに再開発される可能性がある。

建物の売却には、イートンスクエア近くにある570台の駐車場の権利や、イートンスクエアにある1,362平方フィートの商業コンドミニアム、イートンスクエア駐車場全てのライセンスも含まれていた。

売り手は、New York’s Angelo, Gordon & Co.とその建物の5%を所有するHawaii’s Pacific Office Properties Trust Incであった。

Colliersは新しいオーナーの代わりに建物の新しいプロパティマネージャーになった。

CFT Developmentsを通してCherng夫妻は、西オアフ・カポレイのウォルマートストアの近くに新しいショッピングセンターを開発している。

新しいショッピングセンターには、予定されている3つの建物内に、パンダ・エクスプレスのレストランや、他の小売店やレストランのテナントが含まれる。

Panda InnとHibachi-Sanも所有している、カリフォルニアに本拠を置くパンダ・エクスプレス・レストラングループは、ハワイに約20のパンダ・エクスプレスの店舗を持っている。

フォーブスによれば、1983年にパンダ・エクスプレスを設立し、純資産が31億ドルのCherng夫妻は、メキシコ、韓国、ドバイにフランチャイズ店舗をもち、米国、プエルトリコ、カナダで約1,800軒の飲食店にチェーンを拡大している。

2015年に、同夫妻はホノルルのカハラ通りにある、かつてホノルルの弁護士であったDavid Schutter氏が1520万ドルで所有していた、ビーチフロントの豪邸を購入した。

翌年、彼らはサンディエゴに拠点を置くデベロッパー、OliverMcMillan LLCのシンフォニーホノルル複合利用高層コンドミニアムを6戸、合計約740万ドル購入した。

その他の記事