ハワイ(ホノルル)現地時間
6/27(火)20:55
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.03.28

シルベスター・スタローン氏の旧ハワイ不動産が1100万ドルで売却

俳優のシルベスター・スタローン氏がかつて所有していたハワイの不動産が1100万ドルで売却された。

1990年に、カウアイ島ノースショアにある不動産をスタローン氏が401,800ドルを支払って購入、1998年に875万ドルで売却した。

4,807平方フィートの住居スペース、1.3エーカーの土地をもつ、4ベッドルーム、6.5バスルームの家の合計評価額は約800万ドルである。

2015年に975万ドルでスタローン氏の旧邸宅を購入した、ユタ州に拠点を置くCastle Pines LLCは、今年初めにその邸宅を1100万ドルでSwaying Palms Kauai Venture LPとLive Oaks San Rafael LPを含む合弁事業に売却した。

2015年に、「ロッキー」のシリーズ最新映画「クリード」に最近出演したスタローン氏は、カウアイ島ノースショアの別の不動産を売却した。

同氏は、1984年に4ベッドルーム、4バスルームの家を175万ドルで購入し、1999年に売却した。

3,212平方フィートの「バナナビーチハウス」は、ハナレイの13,801平方フィートの区画にある。

チャック・ノリス氏やFacebookのマーク・ザッカーバーグ氏などの有名人から、ハナレイの物件を5,000万ドル近く購入した、ヘッジファンドマネージャーのパートナーに加えて、カウアイ島のノースショアは最近注目を集めている。

ノースショア、特にハナレイの最近の人気上昇の理由は、それが古いプランテーションスタイルの雰囲気をもつ最後のサーフタウンの1つであるなど、幅広い。

その他の記事