ハワイ(ホノルル)現地時間
4/27(木)03:06
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.04.19

不動産市場の活況により3月のダイヤモンドヘッドの住宅価格が上昇

ホノルル不動産委員会の現地市場の最新情報によると、先月カパフル・アベニューからダイヤモンドヘッドの間で売却された戸建住宅の数は2倍の20件に増え、中央価格は10%上昇の977,500ドルになった。

その間、販売用住宅の物件数は31%増加して77件となった。

ホノルルの不動産取引委員会の会長、Sue Ann Lee氏は、「売買が成立した物件数の100%の増加は、カパフルからダイヤモンドヘッドのエリアの住宅が3月に住宅購入者にとって非常に魅力的であったことを示しています。」と述べた。

ワイキキ地区のコンドミニアムの売上は前年同期の93件から23%増の114件となり、中央価格は4%増の417,500ドルとなった。

同氏は「ワイキキのコンドミニアムとタウンハウスの物件は、販売価格の中央値がわずかに上昇したにもかかわらず、依然として合理的な価格であり、引き続き投資家やセカンドホームの買い手にとって素晴らしい選択肢となっています。」と述べた。

カネオヘでは、先月9つの戸建住宅が販売され、昨年より2件上回った。年初来の売上合計は32%増の54件、中央値段は12%増の857,500ドルとなった。

ワイアラエエリアとカハラエリアの戸建住宅の中央価格(2月の最も高価なエリア)は、売上が83%増の11件となったが、先月より26%低下して170万ドルとなった。

エヴァ・プレイン地区の新規物件の件数は、先月より36%増の98件となり、コンドミニアムは15%増の68件となった。

その他の記事