ハワイ(ホノルル)現地時間
12/12(火)10:02
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.05.04

オアフ島の不動産物件供給数は過去10年以上で最低

Locations社によると、オアフ島の居住用不動産市場は、4月に過去10年以上で最も厳しい供給条件と販売日数の短縮を経験している。

オアフ島居住用不動産レポートによると、新しい不動産が市場に出なければ、現存の住宅やコンドミニアムの供給は3カ月以内に売却されることが判明した。 また、住宅やコンドミニアムの市場の販売期間の中央値は16日で、売り手は2週間半で申し込みを受け付けている。

Locations社のCEOであるScott Higashi氏は「物件の減少と需要の増加は、2017年の市場を新しい高みに押し上げ、価格の上昇にもかかわらず市場での販売期間を短縮している。夏季に競争が最も激化するので、戸建住宅やコンドミニアムの購入希望価格に対して、バイヤーの入札価格が上昇するため、価格は引き続き上昇すると予想している。」と述べた。

そのレポートによると、4月のコンドミニアムの販売価格の中央値は42万ドルで、昨年より7%上昇した。一方、住宅価格は堅調で、中央値は72万ドルだった。

同レポートは、競争の激化によって今年は価格が値上がりすることを予想している。 4月に売却された戸建住宅の3分の1とコンドミニアムの5分の1が購入希望価格を上回って買い上げられた。

Higashi氏は「競争の激しい市場が、バイヤーが望む物件を追求することを妨げるのは望ましくない。事前資格を取得することや競争の激しい状況に秀でた経験豊富な代理店と協力することがこの市場環境をうまく切り抜けるためのヒントになる。」と述べた。

コンドミニアムの売上高は2017年に上昇が始まり、年初来の売上高は2016年から8%、2015年から20%増加した。

その他の記事