ハワイ(ホノルル)現地時間
6/18(月)18:34
Vol.33
ハワイに住む表紙・「ハワイに住む」夢を「話題のコンドミニアム」で叶えた人たち
ご自宅を拝見しながらインタビューしました。
・大人の女性がリピートしてしまう理由
ハワイでドレスアップして出かけたい!ための6店
・オアフ島の高架鉄道プロジェクト 2025年に完成!etc.
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.07.11

アレクサンダー&ボールドウィン社が事業を不動産投資信託(REIT)に転換

ハワイ最大級の商業用不動産会社、アレクサンダー&ボールドウィン社は事業を不動産投資信託に転換し、
経験豊かなREIT幹部がホノルルに本拠を置く同社の最高財務責任者を務めると発表した。

アレクサンダー&ボールドウィン社は、昨年秋以来、この転換を評価しており、第1四半期末現在で総額1,430万ドルをこのプロセスに費やしていると報告している。取締役会は、月曜日に満場一致で改定を承認し商業用不動産事業をREITで運用すると発表した。

アレクサンダー&ボールドウィン社は、グレイス・パシフィック社を所有する不動産売却プロジェクト、
農業事業および資材および建設事業を、課税対象のREIT子会社を通じて運営されると述べた。

アレクサンダー&ボールドウィン社の最高経営責任者クリス・ベンジャミン氏は、10月にREITになるかどうかを検討している同社が、12月31日より前にREITとして自らを構成するために必要な措置をとったと述べた。
2017年はREITとして内国歳入庁に提出することができる予定だと話した。

ベンジャミン氏は、「アレクサンダー&ボールドウィン社が転換している理由は戦略的です。
同社は、ハワイの商業用不動産ポートフォリオを拡大することに重点を置き、投資資金の機会をより低コストで提供するため、
REITに転換することが理にかなった。REITになることで、我々はより広範囲な投資基盤に恵まれている。当社の主な焦点は、
ハワイの商業用不動産ポートフォリオを拡大することであり、これにより競争力のあるものになるはずです。」と述べた。

「アレクサンダー&ボールドウィン社は、島々の多くの不動産を取得すると同時に、ショッピングセンターなどの既存の不動産を
改装することを検討していると述べた。アレクサンダー&ボールドウィン社の最大のセクターは小売であり、
拡大するための1つの方法です。」と述べた。

その他の記事