ハワイ(ホノルル)現地時間
9/25(火)07:49
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.10.24

カネオヘの戸建て売上が約2倍に

ホノルル不動産協会のレポートによると、先月カネオヘの戸建ての売上は昨年同月比で約2倍を記録し、
コンドミニアムとタウンハウスは約24%増加した。

戸建ての売却件数は昨年の17件から82%増の31件、コンドミニアムは昨年の17件から若干増加し21件だった。
そして中間価格は890,500ドルから3%減少の865,000ドル、コンドミニアムは535,000ドルから9%増の585,000ドルになった。

ワイパフもまた戸建ての売却数が上昇しており、昨年の13件から54%増加し20件となった。
また、ミリラニはコンドミニアムの売却数が昨年の38件から18%増の45件となった。

その他の地域も昨年比それぞれ増加しており、戸建てに関してはエヴァが35%増、ミリラニが20%増、
コンドミニアムに関しては先述の通りミリラニが18%増、パールシティが14%増、アラモアナ・カカアコが11%増加した。

また5つの地域で戸建ての中間価格が100万ドルを超えており、アイナハイナは昨年の106万ドルから42%増の150万ドル、
ハワイカイは116万ドルから3%増の120万ドル、カイルア・ワイマナロは109万ドルから16%増の126万ドル、
カパフル・ダイアモンドヘッドは113万ドルから4%増の118万ドル、マキキ・モイリイリは101万ドルから9%増の110万ドルとなった。

その他の記事