ハワイ(ホノルル)現地時間
8/14(火)05:38
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.12.18

ホノルルの約3割の人々が収入の半分を家賃に当てていることが判明

ホノルルで家を賃貸している内の約半数以上の人々が収入の3分の1以上を費やしており、
29%の人々は収入の50%以上を費やしていることがハーバード大学の調査によってわかった。

レポートによるとアメリカの100都市のうちホノルルは4番目に高い賃料となっており、ホノルルの平均収入は57,500ドルで、
平均賃料は月額1,560ドル。平均すると収入の33.6%を家の賃料に費やしている。

近隣諸島もまた高い賃料を記録しており、マウイ島では46.7%の人々が収入の30.3%を費やしており、23.3%の人々はカウアイ島と同様収入の50%を費やしている。ハワイ島の人々は平均27.9%を賃料に費やしているが、23.4%の人々は収入の半分を費やしている。

またアメリカ全体で見ると、約2,100万世帯が収入の30%以上を家賃に費やしている。新たに賃貸で貸し出される部屋は
高額なものが多く、月額1500ドル以上の割合が2001年の15%から2016年は40%まで増加した。

ホノルルとサンノゼ、カリフォルニア、サンフランシスコ、ワシントンDCの5つの都市で50%以上の人々が
月額1,500ドル以上の賃料を払っている。

その他の記事