ハワイ(ホノルル)現地時間
9/24(月)14:02
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2018.02.23

ホテルのひと部屋あたりの利益が1月に5.4%増加

ハワイ観光局の報告によると、2018年1月の「RevPAR」(利用可能な1部屋あたりの収益)が
先月より州全体で5.4%増加したと発表された。

州全体のRevPARは241ドルとなり、1日の平均料金が295ドルと4.9%上昇し、稼働率は81.7%と0.4%上昇した。
オアフ島のRevPAR、1日の平均料金は減少したが、隣島が上昇してるため、州全体では増加した結果となった。

マウイ島のホテルは1月のRevPARが15.3%増の345ドルとなり、1日の平均料金が13.5%増の434ドル、
稼働率が1.2%増加して79.5%となった。

カウアイ島のホテルは、1月にRevPARが9.9%増加して245ドルとなり、1日の平均料金が8.9%増加して304ドル、
稼働率が0.7%増加して80.5%となった。

ハワイ島のホテルは、RevPARが7.5%増の232ドルとなり、1日の平均料金が287ドルで7.9%増加して287ドル、
稼働率は昨年同様の80.6%となった。

オアフ島のホテルはRevPARが199ドルとなり2.2%減少し、1日の平均料金は2.5%減の239ドルとなった。
稼働率は83.1%となった。

その他の記事