ハワイ(ホノルル)現地時間
9/22(土)13:32
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2018.03.29

ハワイのホテル1部屋あたりの売上が10%増

ハワイ州観光局が発表した統計によると、2月にハワイのホテルの1部屋あたりの平均売上が
昨年比10.5%増の252ドル/日となったことが分かった。
さらに平均宿泊単価も昨年比8%増の294ドル/日となり、客室稼働率は1.9%増の85.6%となった。

中でもマウイ島のワイレアにあるホテルはハワイ州内で最も高い料金を記録し、1部屋あたりの売上は昨年比23.2%増の592ドル/日で、平均客室単価は昨年比19.4%増の652ドル/日となった。客室稼働率は2.8%増の90.8%。

ハワイ島は1部屋あたりの売上は昨年比18.6%増の263ドル/日、平均客室単価は昨年比15.2%増の306ドル/日、
客室稼働率は2.4%増の85.9%。

マウイ島は1部屋あたりの売上は昨年比16.2%増の255ドル/日、平均客室単価は昨年比12.2%増の430ドル/日、
客室稼働率は2.9%増の82.7%。

カウアイ島は1部屋あたりの売上は昨年比16.1%増の256ドル/日、平均客室単価は昨年比15.7%増の311ドル/日、
客室稼働率は変わらず82.2%だった。

またオアフ島の客室稼働率は昨年比1.7%増の87.4%と最も高く、1部屋あたりの売上は3.6%増の205ドル/日、
平均客室単価は1.6%増の234ドル/日だった。

その他の記事