ハワイ(ホノルル)現地時間
8/17(金)01:12
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2018.04.28

ハワード・ヒューズ社の売上は総額200億ドルを突破

ハワード・ヒューズ社はワードビレッジの開発を開始した2014年以来、1,500ユニット以上の売却もしくは売却契約を結び、
200億ドル以上の売上になったことが同社のCEOデイビット・ワインレブ氏からの株主への報告でわかった。
すでに売りに出されている5棟のうち96%が売却済み。

昨年秋にオープンした2棟目のアナハは317ユニットを擁し、3月末時点で98%が売却。一方1棟目のワイエアは174ユニット中95%が売却済みであるという。現在同社は建設欠陥の疑いで、ワイエアの建設会社であるNordic PCL Constructionに対し訴訟を起こしている。

ワイエアの1階にあるNobuレストランは昨年50万ドルの純収益をもたらし、アナハが擁するメリマンズ(オープン予定)を含む
約1,600㎡の商業スペースも、年間100万ドルの純収益を生み出すと予測されている。

またホールフーズが入る2019年の後半に完成が予想されるアエオは466ユニット中、すでに97%が売却している。
2フロア展開で約6,300㎡の広さを誇るホールフーズは、ハワード・ヒューズ社の純収益を年間200万ドル生み出す予定。

ワード通りに建設中で2019年完成予定のケ キロハナは、3月末までに92%が売却済み。1階には約2,000㎡の広さのLongs Drugsが
2020年にオープン予定となっており、営業利益100万ドルを生み出すと予測されている。

また今年の後半から建設予定の5棟目のアアリイは3月販売を開始し、3月末までに751ユニット中、183ユニットが契約された。
ゲートウェイ・タワーズは旧ワードウエアハウスの地で建設が計画されている。

その他の記事