ハワイ(ホノルル)現地時間
9/24(月)02:27
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2018.09.06

ハワイ島の8月の不動産統計データを発表

ハワイ島の情報サービスを提供しているHawaii Information Serviceの統計データによると、
8月のハワイ島のコンドミニアムの販売件数は30%以上上昇し、中間価格も10%増加したと発表された。

ハワイ島のコンドミニアムの中間価格は2017年8月の300,000ドルに対し、330,000ドルとなった。
販売件数は2017年8月は59ユニットで、今年は77ユニットとなり30.5%上昇した。

戸建て住宅の販売件数は191戸となり2017年8月の215戸と比べ、11.2%減少した。
また中間価格も359,000ドルとなり、2017年8月の370,000ドルから3%減少した。

一方、今年の5月3日に発生したキラウエア火山の噴火の影響が戸建て住宅と土地の売却に影響を与えている。

プナエリアの2017年の販売件数は88戸であったが、今年は68戸となり22.7%減少した。
今年8ヶ月間の販売件数は562戸となり、昨年の623戸と比較すると9.8%減少している。

中間価格は234,313ドルとなり、2017年8月の242,450ドルから3.36%減少している。
しかし、今年8ヶ月間の中間価格は230,500ドルとなり、昨年の225,000ドルから2.4%上昇している。

土地の販売件数は78件で、2017年8月の158件から50.6%減少した。今年8ヶ月の販売件数は741件となり、
昨年の947件から21.1%減少した。
しかし土地の中間価格は18,000ドルから21,000ドルになり16.7%上昇した。
今年8ヶ月の中間価格は20,000ドルとなっており、昨年の19,500ドルから2.6%上昇した。

その他の記事