ハワイ(ホノルル)現地時間
12/10(日)16:03
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2016.01.29

ハイアットプレイスがオアフ中心の複合施設にオープンの可能性

Robertson Properties Group社は、パールリッジショッピングセンター近くのLive Work Play Aieaプロジェクトの複合施設に、ハイアットブランドのホテルを開く予定があるとわかった。

ロスアンジェルスに拠点を置くRobertson Properties Group社の不動産、デザイン、開発の副社長John Manavian氏はどのブランドかは公表しなかったものの、8社のホテルブランドと話している、と語っていた。

175部屋から180部屋のホテルは長期滞在型の限られたサービスのタイプのホテルでローカルビジネスとファミリー、ミリタリーの顧客を狙っている。

ホテルブランドの選択と確定していないマーケットとドラッグストアが、すでに一年以上遅れているそのプロジェクトの停滞の理由となっている。

Manavian氏によると、その旧カメハメハドライブインシアターの14エーカープロジェクトの建設スタートは2017年を予定しているという。

完成後はLive, Work Play Aieaは5棟のタワーからなる1500の居住ユニットと、オフィス、レストラン、小売店、ホテル、地域のマーケットと公共スペースが設けられる予定。

ハイアットプレイスは、ビジネス旅行者向けを主とし、すでにハワイ、ワイキキのパオカラニアベニューにある。

The Colliers International 2015年度ホテル投資市場レポートによると、この州のホテル市場の強さは今後のオアフの新しいホテル開発に期待ができるとし、Live Work Play Aieaのハイアットプレイス、カポレイの複合施設、DeBartolo’s Ka Makana Aliiのハンプトンイン、カポレイの複合施設Leihanoのエンバシースイーツ、キヘイのダウンタウンKrauszの世界的に知られているホテルなどを挙げている。

ノースショアのライエには144部屋のコートヤードバイマリオットが最近オープンしている。

その他の記事