ハワイ(ホノルル)現地時間
6/22(木)22:30
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.10.29

Quicksilver CEOがオアフ島ノースショアの土地を売却予定

Quicksilver社の取締役でCEOのRobert Mcknight氏がノースショアに所有する約100エーカーの土地を売却するとわかった。

サンセットビーチの反対側に位置するその土地の販売価格は1500万ドルであったと売却に関わるエージェントは言っている。

その108エーカーの農地として指定されている土地は、サンセットシェブロンのガソリンスタンドとハレイワのPaumalu Roadから2本の私道の間にある。

Hawaii Life Real Estate Brokersのエージェント、V. Else Lee氏によると、Da Huiの創業者であるEddie RothmanとMcKnight氏が所有するBob’s Paumalu LLCはその土地を2005年から所有していた。

そのSunset Paumaluの土地は有機農場か乗馬の牧場に囲まれるかたちで家を4軒まで開発が可能。2つの建築許可と2つの水道メーター、2つの電力メーターとさらに環境に考慮した下水システムが備わっている。

59-178 D1 Kamehameha High Wayの住所に位置し、税金の記録によると360万ドルの価値となる。 

Quicksilver社は世界でもっとも大きなアウトドアスポーツライフスタイル企業の一つで、Roxyや DCなどのブランドがあるが、近年破産申告チャプター11を申請していた。

本社はカルフォルニアで先月には27店舗を閉店すると発表していた。 

その他の記事