ハワイ(ホノルル)現地時間
10/17(火)19:27
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2016.01.05

Stanford Carr社がマカハバレーのリゾート開発に3億ドル

ハワイのデベロッパーのStanford Carr社は3億ドルで4つ星ホテルを含むゴルフリゾートを開発する予定があることを旧マカハリゾートの土地所有者、Pacfic Link International社のサイトで発表。
リーワードオアフコミュニティーの住人に500の職を生み出すとしている。

その土地は昨年、差し押さえ物件によってPacific Linksに渡り、リゾートのマスタープランはPacific Links社とホノルル本社の Stanford Carr社が1月1日に共同で発表した。

Pacific Links社のアドバイザーの Micah Kane氏は5月に、「Pacific Links社は483ユニットのリゾートと250部屋のホテル、88件のヴィラ、145件のタイムシェアの開発に2億ドルを予定していた。」と語っていた。

この金曜日の発表では何件のユニットが計画されているか、などの詳細は含まれてはいなかったが、旧マカハウエストゴルフクラブのゴルフコースに関して記載されていた。

現在PGAツアーで名高いザシャークとして知られているGreg Norman氏によって3000万ドルの再デザインを行っているとのことだ。

マカハバレーリゾートの土地は1060年代にハワイ金融界のChinn Ho氏によって開発され、シェラトンによって1999年まで管理された。

その場所は、ディズニーのアウラニリゾートがあり、4月にはフォーシーズンズリゾートがオープンする。また、コオリナリゾートは、リーワードコーストまで12マイル、さらにホノルルのダウンタウンからは35マイルの場所に位置する。

Pacific Links社のアドバイザーの Micah Kane氏は、「オアフのリゾート4つのうちの一つとして、この美しさを維持しつつ、マカハバレーは住人と観光客にエコフレンドリーな環境を提供できる素晴らしい機会だと思っています。コミュニティーと共に共同してみなさんがホームと呼べる地域を作っていきたいと思います。」と語っている。

マカハバレーのマスタープランの中には、貧困レベルと高失業率のコミュニティーに仕事をつくること、および元々の環境と川の流域の再建がある。

この場所の旧マカハリゾート&ゴルフクラブはカナダ本社のNorthwynd Properties Ltd.社が購入したのち2011年に閉鎖、95名の従業員が仕事を失った。

Northwynd社は,その場所をアップグレードし、ホテルをタイムシェアに改装する計画だったが、融資が得られず頓挫。

Kane氏は書面で「私たちはこのコミュニティーが、私たちに願っているように、このマカハの現在と未来を強化するというビジョンを目標としています。マカハコミュニティーと、Pacific Links社、Stanford Carr社の3組でのパートナーシップと捉えており、地元の視線を通してこのマカハバレーの共同ビジョンを現実のものにしていきたい。」と語っている。

その他の記事