ハワイ(ホノルル)現地時間
8/14(火)05:40
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2016.04.20

ファーストハワイアンバンク第一四半期の売上が5%上昇

ファーストハワイアンバンク提携している小売店が最初の第一四半期の同じ店舗でのデビットカード、クレジットカードの売上が5.35%上昇したという集計が出ている。

同銀行の売上は、過去6年間、25四半期続けて増加している。

銀行の四半期ごとのビジネスレポートによると最も売上が増加したのはスーパーマーケットで、1,646万ドルの売上であった。(昨年の1,350万ドルより21.5%の増加)

全体的にみると、小売店の第一四半期の売上は、昨年の7億8,450万ドルと比べて8億2,650万ドルと増加している。

運送業は、7四半期続けての増加で、第一四半期では、昨年の770万ドルから12.9%増加の870万ドルであった。

その次にはホームセンターなどのカテゴリーが続き、全体で3番目に多い増加の3,240万ドルであった。(昨年の2,880万ドルより12.25%の増加)

公共光熱費、コミュニケーションの分野は、2010年の第一四半期以来、25四半期続けての増加で全体で4番目に高い8,550万ドルの売り上げであった。(昨年の7,690万ドルより11.15%増加)

ホテル業の第一四半期の売上は、1億7,850万ドルであった。(昨年の1億6,400万ドルより8.8%の増加)

旅行業、家具販売、保険と小売店の4つの分野が第一四半期に5%の減少となっている。

その他、増加となった分野は、車関連が8.1%、コンビニエンスストアが6.7%、レストラン6%、自動車部品&サービスが5.7%、その他が3.6%。医療サービスが1.35%、観光アクティビティーが0.5%となっている。

その他の記事