ハワイ(ホノルル)現地時間
8/19(土)21:43
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.08.11

ワイキキのホテルコンド建設、2016年着工予定

ホノルルの開発業者が合同で、ワイキキの現在キングス・ヴィレッジ、プリンス・エドワード・アパートメントとハレ・ワイキキがある区画に32階建て、246戸のホテルコンド(分譲ホテル)を建設することがわかった。建設着工は2016年を予定し、2018年の竣工を見込んでいる。
環境アセスメント最終報告書によると、このホテルコンド開発に当たるのはマクノートン・グループ、コバヤシ・グループとブラックサンド・キャピタルの3社で、スタジオ168戸、1ベッドルーム73戸、2ベッドルーム1戸、3ベッドルーム2戸を予定している。このうち85%は賃貸となる見込み。建物1階部分には小売スペース、ロビーや関連施設が含まれ、受付、ロビーラウンジ、バーラウンジ、レストラン、多目的イベントスペースやオフィスは駐車場階の上に配置される。アセスメントによると、この開発が経済に及ぼす影響は税収800万ドル。雇用に関しては、区画全体の解体工事により200人近い雇用を失うものの、後の正社員雇用はおよそ200人、建設工事への雇用数は300人としている。
合同開発業者は、ビーチエリアの補充や維持、拡大に500万ドル、またワイキキ・コミュニティ・センターのトイレとその周辺を米国障害者法に基づき、500万ドルをかけて改修工事を行う。
キングス・ヴィレッジの買収額は、4,100万だった。

その他の記事