ハワイ(ホノルル)現地時間
2/20(火)17:14
Vol.32 [2018/1/16-2018/4/15]
ハワイに住む表紙・キーパーソンに聞く2018年
 ハワイ経済はどうなる
・今買える超高級ペントハウス
 カタログ
・ハワイに戻ると必ず立ち寄るお店
 大人の女性がリピートしてしまう理由
・指圧・あん摩・整体の
 プロフェッショナルを探す
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.11.05

Howard Hughes社が2016年上旬にホノルルのケワロベイシンハーバーに2000万ドルの改装計画

Howard Hughes Corp社はカカアコのケワロ ベイシン ハーバーの1500万ドルから2000万ドルの改装工事を来年の上旬にスタートする予定、と語っている。

Howard Hughts Corp 社(NYSE:HHC)の開発部門副社長のRace Randle 氏は、
「ダイバーがハーバーの基盤を見るために何ヶ月も潜っているところで、このプロジェクトは段階的に進める必要がある。」と語った。

デベロッパーは9月にハーバーの管理業務を引き継いでいる。
ハーバーは60エーカーのワードビレッジ総合計画のコミュニティーから反対側に位置する。

現在150の荷揚げ用斜面があり、今後2年のうちに4期、5期段階時点で170に増える予定。

ホノルル本社のSea Engineering Inc社がこのデザイン建設部門で選ばれている。

HCDA (Hawaii Community Development Authority)は2009年から暫定的に管理をしていたが、ケワロ ベイシンの荷揚げ用斜面は破損している部分にオーバーホールが必要だという。

Howard Hughes Corp社は港にかかっている桟橋の土地のアップグレードの計画をHCDAに提出。

Kewalo Waterfront Partners inc.社は二つの日本企業の合弁会社だが、こちらも桟橋の土地のうちの一つの開発プランを提出した。

その他の記事