ハワイ(ホノルル)現地時間
6/27(火)20:59
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2017.04.17

他の旅行先と比べてハワイはホテル客室占有率が低く、宿泊料金が高い

4つの国際的な休暇の行き先と比較すると、ハワイのホテルは3月中、他の行き先より高価でかつ占有率が低かった。

Hospitality Advisors LLCとSTR weekly hotel reportによると、先月のハワイのホテルの平均宿泊料金は265ドルであった。ロンドン、シドニー、香港、ドバイと比較して、ハワイの宿泊料金は最も高かった。ハワイ諸島での先月の客室占有率は80.2%で、先の5カ所の中で最低だった。

この報告書によると、高い宿泊料金は高いRevPAR(販売可能客室1室あたりの売上)、または任意の期間の客室の収入を部屋数で除算して計算された性能測定基準の利用可能な部屋ごとの収入と関連付けられる。ハワイRevPARは最高の212.53ドルで、ドバイの177.68ドルが続いた。ドバイは部屋料金でもハワイを下回り、平均料金は205.89ドルだった。

ドバイの先月の客室占有率は86.3%、香港は89.8%、シドニーは最も高い91.2%だった。

5カ所のうち、平均宿泊料金が175.96ドル、RevPARが141.65ドルで、3月はロンドンが最も低いRevPARであっただけでなく、最も手頃な宿泊料金であった。

その他の記事