ハワイ(ホノルル)現地時間
8/14(火)09:37
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.11.23

デベロッパーが2300軒のハワイ高級住宅地の残りの土地を買収

ハワイ島のコハラにあるデベロッパーが、長期にわたって延期が続いていた、ビレッジオブアイナレアプロジェクトの残りの1,100エーカーを購入した。

Aina Lea Inc.社は木曜日に今後8年から10年にかけて高級住宅建築業者と計画をすすめて、30億ドル以上を販売する予定だと語った。

ビレッジオブアイナレアは1,945の高級住宅と384件の中間価格帯のタウンホーム、ゴルフコース、ウオーキングトレイルと公園、さらに医療施設と商業用スペースを計画している。

SMSコンサルティングによると、段階毎に計画されるこのプロジェクトは3,500の建築関連の職と2億4700万ドルの税収入を国に、そして460万ドルの税収入をハワイにもたらすことになる。

アイナレアは3月に、プロジェクトの一部分であるルハナガーデンズビレッジから販売を始める。

デベロッパーは2009年にその土地購入の合意に至ったが、2010年始めから2014年の末までは、以前許可された都市区画の保持と開発する権利に関する訴訟によってプロジェクトが延期されていた。

2014年11月にハワイ最高裁判所がその土地の都市区画を許可し、会社は現在、水道、下水道、電気と道路を含む基盤工事を行っている。

デベロッパーは地域のアクセス道路であるアイナレアパークウエイとクイーンカアフマヌハイウエイの間に交差点も作っている。

その他の記事