ハワイ(ホノルル)現地時間
2/20(火)17:07
Vol.32 [2018/1/16-2018/4/15]
ハワイに住む表紙・キーパーソンに聞く2018年
 ハワイ経済はどうなる
・今買える超高級ペントハウス
 カタログ
・ハワイに戻ると必ず立ち寄るお店
 大人の女性がリピートしてしまう理由
・指圧・あん摩・整体の
 プロフェッショナルを探す
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.06.11

ホノルル鉄道システムのワイパフ3駅の建設業者が決定

現在、オアフ島で建設が進められているホノルル鉄道システムの3駅の建設に、ハワイ・ドレッジング・コンストラクションが起用されていたことが分かった。

ホノルル鉄道システムの監督役であるホノルル鉄道高速運輸局(HART)によれば、ハワイ・ドレッジング・コンストラクションが建設を行うのは、ワイパフ地区内ファリントン・ハイウェイ沿いのウエスト・ロック、ワイパフ・トランジットセンター、リーワード・コミュニティ・カレッジの3駅で、建設費用は7,890万ドル。この3駅の建設の入札は今年3月に開始されており、ハワイ・ドレッジング・コンストラクションが最低落札価格であったものの、二番目に低い額を入札したナン・インクが異議申し立てを行っていた。HARTはこれを認めなかったため、4月にはナン・インクが商業・消費者事務局(Department of Commerce and Consumer Affairs)に異議申し立てを行ったが、3月28日にホノルル鉄道高速運輸局に有利な判決が下された。これにより、請負業者の選定が約3ヶ月遅れていた。

今回、契約の対象となった3駅は、もともと建設が予定されている9駅を建設費用を抑えるために3分割されたもので、ハワイ・ドレッジングの入札価格はハワイ州による見積もり予算より400万ドルを上回る7,900万ドルだが、これには臨時費が含まれていない。各社の入札額は、ナン・インクが8,500万ドル、ハンセル・フェルプスが8,800万ドル、ワッツ・コンストラクションが8,880万ドル、ラルフ S イノウエが1.175億ドルであった。ホノルル市の当初の見積もりは6,000万~7,500万ドル、13パーセントの臨時費を含む場合は8,600万ドルとなっていた。

なお、西オアフの東カポレイ、ハワイ大学西オアフキャンパス、ホオピリの3駅の入札は来週火曜午後2時よりダウンタウンにあるHARTのオフィスにて開始予定、カメハメハ・ハイウェイ沿いのパールハイランド、パールリッジ、アロハスタジアムの3駅の入札要求は8月に発行される予定。

その他の記事