ハワイ(ホノルル)現地時間
9/25(火)07:51
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.06.17

OHAがH3両脇に500万ドルの再開発を計画

ハワイ人問題事務局(The Office of Hawaiian Affairs, OHA)は、オアフ島のH-3高速道路の建設によって引き起こされる文化的資源への影響の一部を緩和することを目的とした「ハラワ―ルルク・インタープレタティブ・ディベロップメント」と呼ばれる500万ドルの再開発計画の初期エンジニアリングと設計のための提案依頼者(RFP)を発行した。

同再開発は、1987年に連邦道路庁(Federal Highways Administration)、州歴史保存局(Hawaii State Historic Preservation Division)、歴史的遺産の保存に関する諮問委員会(the Advisory Council on Historic Preservation)がH3高速道路の建設に対する緩和策として合意した覚書で、ノース・ハラワ・バレー、ハイク・バレー、ルルク・アグリカルチュラル・テラスのエリア内の16マイルに渡ってH3の両脇に教育センターのほか、水耕栽培農場、再生利用エネルギープロジェクトなどが建設されるというもの。

OHAは、提案依頼書の中で「同プロジェクトは土地の自然や文化資源の状況改善のため、地域社会と政府機関が共に行動することができる共同作業である」と述べている。

その他の記事