ハワイ(ホノルル)現地時間
5/22(月)09:21
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.03.11

ワイキキに新ホテル建設案が浮上

ワイキキに新たなホテルを建設する案が浮上していることが、同プロジェクトを担当するホノルルの建築事務所WATGの役員であるクレッグ・タカハタ氏からの情報で分かった。

同建設案はまだ初期計画段階にあり、建設予定地などの詳しい内容は明らかにされていないほか、開発業者も米本土とつながりのある企業ということだけが明らかになっている。現在は、初期調査が行われている最中だという。

ワイキキで新しいホテルが一から建設されるのは非常に希で、現在クヒオ通りに建設が進められているリッツカールトン・ワイキキ・レジデンスの2棟はホテル要素を兼ね備えているものの、コンドミニアムとして販売されるユニットも含むホテルコンドの形が取られている。さらに最近では、マックノートン・グループ、コバヤシ・グループ、およびブラックサンド・キャピタルによりキングスビレッジをホテルコンドとして再開発を行う計画や、カリフォルニアのコーストウッド・キャピタル・グループによってワイキキトレードセンターをホテルに再開発する案も浮上している。オハナ・ワイキキ・ウエスト・ホテルは、再開発のため3月27日より休業が予定されており、営業再開は来年。営業再開後はヒルトン・ガーデン・イン・ワイキキ・ビーチとして生まれ変わる。また、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートには新たな37階建てのタイムシェアがオープンすることも分かっている。

ワイキキのホテル業界は室料、稼働率とも非常に好調で、同エリアの再開発がこれだけ活発なのもうなずける。

その他の記事