ハワイ(ホノルル)現地時間
8/19(土)21:45
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.03.20

韓国開発業者がアラモアナ地区にコンド2棟の建設を計画

韓国の開発業者SamKooパシフィックLLCが、アラモアナセンター近隣にコンドミニアム2棟の建設を計画していることが分かった。

同社が所有する1631 Kapiolani Blvdと1391 Kapiolani Blvdの敷地にそれぞれ建設が計画されているこれら2棟は、ともに45階建て、高さ400フィート以下、485戸の居住系ユニットとなる予定で、一階には商業テナント向けスペースが設けられ、居住系ユニットの部屋タイプは1,2,3ベッドルーム、うち6割が手頃価格帯、残りが中間価格帯に設定されるという。同社は1631 Kapiolaniのコンドミニアムの年内の着工を希望しており、追って1391 Kapiolaniが着工される。設計にはホノルルのデザイン・パートナーズが起用されているが、ゼネコンは未定。なお、駐車場として以前使用されていた1391 Kapiolani Blvdの1.43エーカーの敷地に建設予定のコンドの詳細は、需要を踏まえた上で今後、再検討される可能性もあるという。SamKooは将来、ハワイにおいて手頃価格および中間価格帯のコンドミニアムを象徴するブランドとして確立していきたい考えを示しているという。今後はこれら2棟の建設のための承認申請手続が行われる予定。

その他の記事