ハワイ(ホノルル)現地時間
4/20(金)10:02
Vol.33
ハワイに住む表紙・「ハワイに住む」夢を「話題のコンドミニアム」で叶えた人たち
ご自宅を拝見しながらインタビューしました。
・大人の女性がリピートしてしまう理由
ハワイでドレスアップして出かけたい!ための6店
・オアフ島の高架鉄道プロジェクト 2025年に完成!etc.
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.07.14

Clean Water Rule問題、訴訟に発展

連邦環境保護庁(Environment Protection Agency: EPA)およびアメリカ陸軍工兵隊(United States Army Corps of Engineers:USACE)は、米国の河川や領海への汚染物質を含んだ水の排出を規制し、水質の基準を設定する目的で制定された水質保全法(CWA:Clean Water Act)に基づいた支流や湿地を環境汚染から保護するための規則Clean Water Ruleを今年5月に制定。同規則により水質保全法の明確化が図られたが、米国商工会議所および全米自営業者連合(National Federation of Independent Business: NFIB)は、水質保全法はEPAがあくまで可航水域の監督を行う役目を与えているのであって、池や湿地帯、灌漑地などは含まれていないにも関わらず、Clean Water Ruleにはこれらが規定対象内となっているのに加え、同規則が中小企業に与える経済的影響に対する調査を事前に行うという法にEPAが基づいていないとし、EPAを相手に訴訟を起こした。Clean Water Ruleに違反した場合の罰金は、一日当たり3万7,500ドルとなっている。

その他の記事