ハワイ(ホノルル)現地時間
5/22(月)09:21
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.02.03

BOHワイキキセンターの売却額は3,800万ドル

SHOEI USAインクがオアフ島ワイキキにある借地権付きのバンクオブハワイ・ワイキキセンターを米本土の投資家グループから構成されるパシフィック・オフィス・プロパティーズ・トラスト・インクより3,775万ドルで購入していたことが分かった。買い手エージェントはホノルルのNAIチェイニー・ブルックス。

バンクオブハワイ・ワイキキセンターはカラカウア通りに建つ9階建て、ビル面積15万3,059平方フィートのビルで、1980年に日本の大手デパート三越が入居する小売センターとして建設されたが、1989年には小売や事務所が入居する複合用途ビルに生まれ変わっており、現在はバンクオブハワイをはじめ、スターウッド・ホテル&リゾートやJTBハワイ、セブンイレブンが入居しているほか、ワイキキ一号店となるロングスドラッグ・ストアのオープンも予定されている。

同ビルは2012年以降、3,800万ドルで売りに出されていた。ビルが建つ敷地はマウイ島に拠点を置くカプアヘラニが所有。カプアヘラニはバーバラ・マクナマラ・トラスト、フローレンス・トーマス、そしてメリッサ・レイモンドがパートナーとして名を連ねている。

なお、パシフィック・オフィス・プロパティーズは同ビルを2007年に購入している。

その他の記事