ハワイ(ホノルル)現地時間
10/21(土)12:47
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2015.02.06

地元ベテラン不動産エージェントがSRE LLCの株式を完全買収

ハワイのベテラン不動産エージェントでありiプロパティ・ハワイを経営するエイブ・リー氏が、白木屋レジデンシャル・エステートLLC(SRE LLC)の株式を昨年末に完全買収していたことが分かった。

SRE LLCは、iプロパティ・ハワイと日本人億万長者ビジネスマンであるセキグチ・タケシ氏のセキグチズ・シロキヤ・インクが2013年9月に合併、SRE LLCに社名を変更。ワイキキの高級コンドミニアムやコオリナの高級ホテルコンドを買い求めるアジアの富裕層をターゲットにしており、両社が株式を半数ずつ保有していたが、今回リー氏がセキグチズ・シロキヤ・インクの保有株を完全買収したことで、今後はiプロパティーズとして再出発する。

今回の買収についてリー氏は、セキグチ氏が経営する別の地元不動産会社SREマトリックスと社名が類似していたため混乱を招き、顧客にとって非常に区別がつきにくく不便であった。セキグチ氏に買収の話を持ちかけたところ快諾してくれたため、と述べている。

白木屋およびヴィンテージ・ケーブ・ホノルルのオーナーでもあるセキグチ氏が経営するSREマトリックスは、同氏が5,000万ドルを投じて設立したウエブサイトベースの地元不動産会社で、今後は米本土への進出も計画されている。

SRE LLCに在籍する83名の不動産エージェントは、買収後も引き続きiプロパティーズのもと活動を行っていくという。SRE LLCは2013年9月の設立以来、1億ドルの不動産取引に携わり、今では総売上高においては州内でトップ20に入る不動産会社にまで成長。今後はリー氏が不動産取引主任ブローカー(Broker-in-charge)、サンドラ・サクマ氏が不動産ブローカー(Principal broker)として日々の事業活動を行っていく。

セキグチ氏は、マウイ島のグランド・ワイレア・リゾートや、オアフ島のコオリナ・リゾートを手がけた人物でもある。

その他の記事