ハワイ(ホノルル)現地時間
2/20(火)17:15
Vol.32 [2018/1/16-2018/4/15]
ハワイに住む表紙・キーパーソンに聞く2018年
 ハワイ経済はどうなる
・今買える超高級ペントハウス
 カタログ
・ハワイに戻ると必ず立ち寄るお店
 大人の女性がリピートしてしまう理由
・指圧・あん摩・整体の
 プロフェッショナルを探す
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.12.09

韓国企業がハワイカイ賃貸プロジェクト追加資金を確保

韓国大手のハンファ・エンジニアリング建設は、同社が東オアフのハワイカイに進めている賃貸専用コンドミニアム建設のための追加資金として1億超の確保に成功していたことが分かった。

同プロジェクトは市場、および手頃価格の賃貸専用ユニット269戸を含むコンドミニアムを7000 Hawaii Kai Drive(ハワイカイ)に建設するというもので、開発業者はホノルルのアバロン・ディベロップメント。「ハレ・カ・ラエ」のプロジェクト名で今年10月に着工しており、当初の予定では建設費1.08億ドルが見込まれていたが、土地代を含む建設費が1.65億ドルであることが判明したため、同社は追加資金としてこの度、米商業用不動産と資本市場サービスのプロバイダであるHFFを通じて1億ドル超の調達に成功。バンクオブオザークより6,730万ドルを、そして「融資」と「出資」の中間の方法をとる融資方法メザニン・ローンを用いて3,340万ドルをアイスターファイナンシャル・インクより調達している。なお、アイスターはワイキキのイリカイホテルのコンドミニアム200戸を所有している。

ハンファは2013年12月に同プロジェクトの土地所有者と開発の契約を結んでおり、プロジェクトの完成は2016年の第二四半期が予定されている。賃貸料は手頃価格ユニットが1,475~2,200ドル/月、市場価格ユニットが2,200~3,700ドル/月で、これらには管理費が含まれている。

その他の記事