ハワイ(ホノルル)現地時間
9/24(月)14:05
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.08.18

オアフ島戸建て中間価格、4年後に100万ドル到達か

ハワイの不動産業界で著名な経済学者ポール・ブリューベイカー氏は、2018年から2022年の間にオアフ島のシングル・ファミリー・タイプ戸建ての中間価格が100万ドルに達する見通しを発表した。

ブリューベイカー氏は5年前、オアフ島の同タイプの戸建ての中間価格が毎年15パーセント上昇すると見込み、2017年までに100万ドルに到達すると予測していたが、近年のオアフ島の不動産市場が停滞していることから上昇率は5~10パーセントに留まると予測したため、100万ドルに達するのは早くても2018年になると修正を加えた。

今年6月のオアフ島の同タイプ戸建て住宅の中間価格は70万ドルを記録しているが、同氏は住宅価格上昇の強い兆しが見られておらず、住宅上昇率が数年前の予想より不調なのは需要の低下ではなく在庫不足が原因だと指摘した。

さらに、ハワイ州政府が開発を妨げる足かせとなっており、電気料金吊り上げを助長する規制を設けていること、さらに州内で行なわれるテレビや映画撮影に対する恩恵を受けていないことの3つの間違いを犯していると同氏は政府を非難した。

その他の記事