ハワイ(ホノルル)現地時間
8/17(金)01:11
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.08.19

西オアフの住宅プロジェクトの開発業者がゾーニング変更を申請

D.R.ホートン社シューラーホームLLCは、同社が西オアフに計画する1万1,750戸の住宅マスタープラン「ホオピリ」のゾーニング変更申請をハワイ土地利用委員会に提出した。プロジェクト実現にあたり、1,289エーカーが現在の農業用地から都市用地への土地再分類が必要とされている。
同プロジェクトは東カポレイに建設が予定されており、ホノルルのグループ70インターナショナルがデザインを担当。商業系農業やコミュニティ・ガーデン、インフラの建設が予定されている264エーカーはそのまま農業用地として利用される。

ホオピリには1万1,750戸のシングル・ファミリー・ホームのほかにも商業・軽産業スペース、公共施設、小学校3校、中学校、高校、公園などが建設される予定で、竣工は2015年、最初の住宅は直後に入居可能となる見込み。

なお、ホオピリ反対派は重要な農業用地を失う上に西オアフへの渋滞をさらに悪化させる原因となるとしている。

その他の記事