ハワイ(ホノルル)現地時間
8/16(木)09:55
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.09.03

ハワードヒューズがカカアココンド計画の陳情書を取り下げ

ハワードヒューズ社がオアフ島カカアコに現在手がけている大規模な再開発「ワードビレッジ」の第一段階の一環である988 Halekauwila Ave(ハレカウヴィラ)に計画をしている住宅プロジェクトの陳述書が一時的に取り下げられることが分かった。

同プロジェクトは、現在カリフォルニア・ロックンスシが営業を行なう2万3千平方フィートの敷地に424戸の居住ユニットおよび6階に渡る駐車場を建設するというもので、居住ユニットのうち375戸は高級コンドミニアムの市場価格よりも低い価格で販売される計画となっている。

しかし、地域住民の間で低所得者向け賃貸専用住宅を含む手頃価格住宅への需要が高まっていること、そして陳述書に関して何らかの誤解があったことから同社はこの度、同陳述書の取り下げを行なうことを決定。今後は、ビル建設に関して法律に基づいた選択肢にどのようなものがあるのかをハワイ地域開発局に確認するとともに、同プロジェクトに関して株主らに詳しい説明を行なう予定としている。

同社担当者は、今回の取り下げによって375戸を市場価格より低価格で販売するという計画に影響が及ぶことはなく、ワードビレッジが目指している多岐に渡るタイプの住居建設に変わりはないとしている。

同社は、6月30日の時点で同プロジェクトの開発費用として380万ドルをすでに投入している。

その他の記事