ハワイ(ホノルル)現地時間
8/16(木)09:55
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.09.10

ホノルル鉄道9駅の入札が白紙へ

ホノルル鉄道高速運輸局(HART)は、現在オアフ島で建設が進められているホノルル鉄道システムの9つの駅の建設工事に対する3社の入札をすべて白紙に戻すと発表した。理由は、入札価格がHARTの予算を大幅に上回っていたため。

代替案として、HARTは9駅の建設を一社に任せるかわりに既に契約を結んでいる業者3社にそれぞれ3駅を任せることにより、費用を抑えることができる上、時間をかけて建設を進めることが可能としている。HARTは、安価な資材を使用してさらに費用を抑えるとも述べている。代替案が実現すれば、9つの駅の建設を予算内で行なうことが可能となる。

先月9つの駅に対して行なわれた競争入札では、ナン・インクが2.945億ドル、ヘンセル・ヘルプスが3.208億ドル、ノーディックPLCが3.123億ドルの希望額を提出。最安値のナン・インクがHARTの予算を1億ドル以上も上回っていたため、今回の代替案が提示された。

ホノルル鉄道システムは51.6億ドルを投じてカポレイからアラモアナまでの20マイルをつなぐ高架鉄道システムを建設するというもので、今回の代替案の対象となっているのは最初の10マイル間の9駅。今回の変更により、最初の10マイル区間の完成は当初予定されていた2017年から2018年へと延期されているが、残りの10マイルは当初の予定通り2019年の完成が見込まれている。

HARTはさらに、連邦政府からの補助金5.38億ドルを確保したと発表している。

その他の記事