ハワイ(ホノルル)現地時間
6/20(水)04:51
Vol.33
ハワイに住む表紙・「ハワイに住む」夢を「話題のコンドミニアム」で叶えた人たち
ご自宅を拝見しながらインタビューしました。
・大人の女性がリピートしてしまう理由
ハワイでドレスアップして出かけたい!ための6店
・オアフ島の高架鉄道プロジェクト 2025年に完成!etc.
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.09.26

来年7月よりオアフ島でのレジ袋が禁止に

カーク・コールドウェル・ホノルル市長は今週木曜、オアフ島におけるレジ袋禁止法の改正法に署名をした。

オアフ島のレジ袋禁止法案は生分解性以外のレジ袋を禁止するという内容で2012年に法制化、2015年7月1日の施行が決定していたが、生分解性に関する業界内での基準が定かでないとの理由から、今回バイオディグレーダブル・プロダクト・インスチチュートによる「Compostable(堆肥可能である)」というロゴ入りのレジ袋の使用のみを許可するとの決定が下された。同法施行後はスーパーなどの小売店ではリサイクル可能な紙製の袋を使用するか、消費者がエコバックを持参する必要がある。なお、生鮮品、冷凍食品、肉、魚、生花、植物、新聞に使用される袋や、ペットストアでのレジ袋の配布は同法から除外されている。

コクア・ハワイ・ファンデーションのプラスチック・フリー・ハワイのプログラム・マネージャーによれば、宿泊客がホテルのロゴ入りエコバックを持つことによる宣伝効果が期待できるため、ホテルの多くは同案に賛成しているという。

レジ袋禁止法は2008年にマウイ郡で法制化、2009年にはカウアイ郡、そして2013年1月にはハワイ郡でも法制化されており、来年夏にオアフ島が加わることにより、全郡でレジ袋を禁止する州は全米内ではハワイが初となる。

その他の記事