ハワイ(ホノルル)現地時間
9/25(火)07:49
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.10.06

当局がケワロ湾再開発のため米本土を視察

ハワイコミュニティ開発局は、活性化を目的とした再開発が計画されているオアフ島ケワロ湾ハーバーのため、テキサスやカリフォルニアを含む米本土のハーバー都市を視察した。

ケワロ湾ハーバーには現在144の停泊所があり、2009年よりハワイ地域開発局が管理してきたが、近年劣化が進んでいるため全面的な修理が必要とされている。今後、同ハーバーの管理運営を行なうダラスのハワードヒューズ社は、チャーターボート業界や漁船をはじめ、ハーバーを利用する人たちに役立つセキュリティ面の向上やドックの再開発を行ないたいとしており、6月下旬には同社のケワロ湾ハーバーの45年間に渡るリース権を当局が承認。35年間の賃貸ののち10年の延長が可能という内容となっている。

当局のスポークスマンは、テキサスではハワードヒューズ社の代表らと合流し、彼らのウッドランド・マスタープランでウォーターフロントをどのように活性化したのかを視察。あらゆる情報を収集し、ケワロ湾再開発の可能性の一例として他の理事メンバーや一般にも公開できるようビデオを制作した。このビデオは地域住民とのミーティングでも上映される予定だと述べた。

当局は、今年初旬にカリフォルニアのロングビーチのハーバーも視察している。

その他の記事