ハワイ(ホノルル)現地時間
8/17(金)01:13
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.10.30

不動産会社のSREマトリックスとケラー・ウィリアムスが提携

日本のビジネスマン、セキグチ・タケシ氏が今年5月に設立した不動産会社Smart Real Estateマトリックス(SREマトリックス)と今年6月にフルサービスのフランチャイズ不動産会社をハワイにオープンさせたばかりのケラー・ウィリアムスが提携したと両社が発表した。今回の提携は買収ではなく共同事業の形がとられているが、詳しい内容は明らかにされていない。

SREマトリックスは米不動産オンラインサイトのZillowに似ているがZillowよりもさらに多数の売り出し物件にアクセスすることができるという。9月22日現在の同社のシステムを利用してアクセスできる売り出し物件数は1万919件。また、同社が抱えるエージェントを利用して物件を購入した場合、エージェントのコミッションをバイヤーに支払うなど、これまでの不動産業界の常識を覆す画期的なシステムを導入している。一方、ケラー・ウィリアムスは今年6月現在で140名の不動産エージェントを抱えており、ホノルル不動産協会のケビン・ミヤマ前会長がCEOを務めている。

その他の記事