ハワイ(ホノルル)現地時間
8/17(金)01:13
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.11.05

コンベンションセンターがブラックフライデーに駐車場を有料開放

感謝際翌日のブラックフライデーにアラモアナセンターに訪れる買い物客のために、ハワイコンベンションセンターが初めて駐車場を有料で開放する。同センターの駐車場はアラモアナセンターのあるアトキンソンドライブからおよそ1ブロックの距離にあり、600台以上が駐車可能。駐車料金は一台10ドル。

現在、アラモアナセンターでは5.73億ドルの大規模な再開発が進められているが、ホリデーシーズンに向けて駐車場問題解決のための試みなどが進められている。例えば、エヴァ側ロングスそばに新たな1,250台分の駐車スペースが完成するほか、ケアモク、ピイコイ、コナイキ通りにはそれぞれ駐車場につながる傾斜路を設置。さらに、ノードストロームそばには無料のバレーサービスが設けられるという。現在、自家用車で通勤しているアラモアナセンターの従業員はアラモアナパシフィックセンターへの駐車が義務付けられているが、12月12日~27日の間はハワイコンベンションセンターへ駐車することにより通常に加えて800台分の駐車スペースを買い物客が利用できるようになる。さらに、従業員にバスパス500枚を配布してバス通勤を促進するなどしているという。アラモアナセンター内新階で行われている全ての駐車場工事は2015年までに竣工することが予定されている。

その他の記事