ハワイ(ホノルル)現地時間
9/24(月)02:28
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.11.13

ハワイ州同姓婚合法化の経済効果は2,700万ドル

2013年12月2日にハワイ州において同姓婚を認める法律が成立したことによる昨年の州への経済効果は2,660万ドルであったことを経済ウエブサイトナードウォレットが発表した。

同ウエブサイトでは全米50州における同姓婚合法化の経済効果を算出しており、全米の推定額は25億ドルとされている。経済効果は、各州内におけるレズビアン、ゲイ、バイセクシャルおよび性同一障害者自己申告者人口からそれぞれの州の婚姻率と平均結婚式費用から割り出したもので、合法化後の長期的経済効果のみを分析。鬱積していた需要が結婚式の増加につながったと見られている。

ハワイ州内では人口の5.1パーセント、およそ140万人がレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、性同一障害者であると自己申告をしており、結婚式の1パーセントにあたる723組が同姓婚でこれらの平均結婚式費用は3万6,802ドル、経済効果は2,660万ドルであったと試算されている。なお、州外旅行者のハワイ挙式はこれらに含まれていない。

ハワイ大学は昨年7月、2014年から3年間にハワイを訪れる旅行者の消費額が2億1,700万ドルにのぼるとする研究結果を発表している。

その他の記事