ハワイ(ホノルル)現地時間
8/17(金)01:13
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.06.13

ドールが太陽光システムを導入

毎年100万人以上が訪れるオアフ島の人気アクティビティ「ドール・プランテーション」が太陽光システムを導入しており、設置により電力消費量が3割ダウンしていたことが分かった。

今回、同社が導入したのは地上設置システムと呼ばれるシステムで、鉄道レールに隣接する約半エーカーの敷地に746枚の太陽光パネルを設置。設置作業はRECソーラーが担当しており、ソーラーシステムはハワイ電力会社の4個のメーターと相互接続しているという。

同社の担当者はパネル設置によるアトラクションへの影響はないとしており、同センターを訪れる旅行者や地元客らがクリーン・エネルギーについて学べるだけでなく、ドールの現代および将来の農業においての役割をも見学してもらえるよい機会であるとしている。

キャッスル&クックが所有するドール・プランテーションは1989年にオープン。2012年の来客数は150万名を記録しており、ハワイ州内では訪問者数2位を誇る。世界最大規模の迷路も有名。

その他の記事