ハワイ(ホノルル)現地時間
8/17(金)01:13
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.06.30

ハワードヒューズがケワロ湾ハーバーを再開発

ハワイ地域開発局は先週金曜、ダラスに拠点を置き、現在オアフ島カカアコ地区の再開発マスター・プラン「ワード・ビレッジ」を手がけているハワード・ヒューズ社が先日より希望していたオアフ島ケワロ湾ハーバーの45年間に渡るリース権を投票承認していたことが分かった。

今回、承認されたリースの内容は35年間の賃貸ののち10年の延長が可能というもので、リース料は賃貸契約開始の8月に50万ドルを、その後は基本賃料を支払い、そして初期投資額回収後は16.5パーセントのリース料を当局に支払う契約となっている。なお、初期投資額回収のめどは12年間。

ケワロ湾ハーバーには現在144の停泊所があり、2009年よりハワイ地域開発局が管理してきたが、劣化が進んでいる場所が目立つため全面的な修理が必要となっている。今後、同ハーバーの管理運営を行なう同社は、チャーターボート業界や漁船をはじめ、ハーバーを利用する人たちに役立つセキュリティ面の向上やドックの再開発を行ないたいとしている。

なお、30年間で同社が当局に支払うリース料はおよそ1,440万ドルと試算されている。

その他の記事