ハワイ(ホノルル)現地時間
6/27(火)20:57
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2013.09.19

MKディベロップメントがカカアコにコンド建設の計画

高級コンドミニアム「ホクア」を手がけたハワイの開発業者コバヤシグループとマックノートングループの合併事業会社MKディベロップメントが、オアフ島カカアコに新たな高級コンドミニアム2棟の建設を計画していることが分かった。この2棟のコンドミニアム建設の予定地とされているのは、カメハメハ財団が所有するアラモアナ、アウアヒ、クック、ワードに囲まれ、カッターマツダとオフィスマックスがあるブロックHとブロックIと呼ばれる6エーカーに及ぶ区画。カメハメハ財団は、同財団がカカアコに所有する29エーカー、9区画にコンドミニアム7棟、2,750戸、30万平方フィートの商業スペースを新たに創出する「Our Kakaako(私達のカカアコ)」というマスタープランを打ち出しており、今回MKディベロップメントが購入した土地はこの9区間の2区間に当たる。なお、購入金額は未公開。



このコンドミニアム2棟には合計500戸のユニット、1階にはレストランや小売店が並ぶ予定で、ユニットの価格帯は未設定。ハワイコミュニティ開発局による承認はまだ得られていないが、ユニットの販売は2015年秋が見込まれており、地元住民のほか海外のバイヤーによる購入が期待されている。建築事務所、デザイン事務所は近日中に決定する見通し。



MKディベロップメントは2001年に設立、ホクアをはじめダウンタウンのキャプタルプレイスやアラモアナ・センター内ノードストローム隣接駐車場に現在建設中のワン・アラモアナとった大規模プロジェクトを手がけている。

その他の記事