ハワイ(ホノルル)現地時間
12/12(火)02:20
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2013.12.09

PBSハワイがワイキキの敷地を350万ドルで売却

PBSハワイは先週金曜、同社がワイキキの1812 Kalakaua Ave(カラカウア)に所有する2万8,761平方フィートの敷地をMWグループに350万ドルで売却したと発表した。

同敷地はハードロックカフェが以前入居していたビルとアラワイ運河に挟まれており、MWグループはここにザ・プラザ・アット・ワイキキと呼ばれるシニア専用住宅の建設を計画しているという。ザ・プラザ・アット・ワイキキが実現した場合、スタジオ~2ベッドルームの全140戸を有する援助型のサービス付き高齢者向け住宅が誕生する。工事着工は2014年4月、オープンは2015年末が見込まれている。

PBSハワイは、同物件を2003年に破産申告を行なったインドネシアの投資家から移転目的で240万ドルで購入。しかし技術面による障害が原因で、2008年4月には610万ドルの提示価格で売りに出していた。

2009年には、カリヒ地区のサンド・アイランド・アクセス・ロードに広がる4万5,000平方フィートの敷地を移転目的で520万ドルで購入。同社は移転費用目標額として3,000万ドルを設定しており、今回の売却でおよそ2,200万ドルに達成したという。

その他の記事