ハワイ(ホノルル)現地時間
8/20(日)14:35
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2013.08.06

ハワイ住宅市場の年中予測

先日、ワイキキのハワイ・プリンス・ホテルにて開催された不動産関係者の業界団体「NAIOPハワイ」の年中市場予測で、ハワイ経済学者のブリューベーカー氏がハワイ州の住宅市場が「間違いなく生産サイクルに突入している」との見解を語った。同氏によれば、現在ハワイ州内で3,255件の住宅用建設許可証が承認されており、うち1,979件がオアフ島となっているという。記録的な住宅ローン低金利化を経てわずかな上昇に留まっている現在は未だ買い時だという。

ホノルルに拠点を置くプルーデンシャル・ロケーションズのブランドン・ラウ氏は、一軒の住宅に対して複数の入札がある割合は相変わらず高く、そのことからも市場の活発さが容易に伺える。現在販売中のシングル・ファミリー・タイプの戸建て住宅のうち35パーセント、コンドミニアムのうちの25パーセントが競り上げ入札となっている事実を述べた。さらに、ラウ氏は州全体に渡る不動産物件の在庫薄の対策としてカカアコ地区で進んでいる20軒のコンドミニアムの建設は必要との意見を述べた。多数のコンドミニアム建設の実現を疑問視する声に対してブリューベーカー氏は、過去にオアフ島が年間20軒のペースでコンドミニアムを建設してきた実例を示し、実現の可能性が非常に高いことを指摘した。

その他の記事