ハワイ(ホノルル)現地時間
8/16(木)09:58
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2014.02.03

ハワイ不動産専門家の討論会、最大の問題は在庫薄

先週の金曜、ハワイ州の著名な不動産専門家による討論会がパシフィック・ビジネス・ニュースの報道室にて行なわれた。参加したのは、プルーデンシャル・ロケーションズのビル・チー、コールドウェル・バンカー・パシフィック・プロパティーズのトルーディ・ニシヤマ、ハワイアン・ライフのケイティ・ミンカス、リ・マックス・ホノルルのジョン・ハリス、プルーデンシャル・アドバンテージ・リアルティのマイロン・キリウ、リスト・サザビー・インターナショナル・リアル・エステートのカーティス・ジャクソンの6名で、現在、ハワイが直面する最大の問題は住宅不動産の在庫不足にあるとの認識で一致。ほかにも、ベビーブーマーとジェネレーションYと呼ばれるアメリカにおいて1975年から1989年に生まれた2世代が同じような価格帯の物件を求めていること、さらに海外の投資家たちが1戸200万ドル以上もするコンドミニアム物件をいとも簡単に購入するため、ハワイ住民に入り込む余地を与えていないことも議題にあがった。この結果、地元のマイホーム所有者たちは現在の持ち家に留まり、改装や改築、増築による拡張などを余儀なくされているという。

その他の記事