ハワイ(ホノルル)現地時間
6/22(木)22:40
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2013.05.31

Q1の州の住宅物件のショートセールの割合は2%

第一四半期におけるハワイ州の住宅不動産売買のうちショートセールが占める割合は2パーセントに留まり、全米でも低い数字だったことがリアルティ・トラックの調べで分かった。全米中、売却されたショートセール物件の平均価格が最も高かったのはニューヨークの47万6,292ドル、ハワイは43万8,562ドルで2番目となった。ハワイ州内における今年1月~3月の間のハワイのショートセールは96件あり、前年比73パーセント減、昨年第四半期と比べると23パーセント減少している。

一方、ショートセールの割合が最も高かったのはロードアイランドの44パーセント、次いでコネチカットの42パーセント、マサチューセッツの40パーセントとなった。

リアルティ・トラックの報告書によれば、第一四半期のハワイ州の抵当流れは286件で、コア・ロジックのレポートでは、ハワイ州内で過去一年間に司法競売制度を利用した抵当流れは全米中最も低い数字の一つであることも分かっている。2012年4月~今年4月の間、ハワイで取引が行なわれた抵当流れ物件は466件にのぼっており、一年前に比べると0.1パーセントの増加。2012年4月~今年4月までの全米における抵当流れは52万件で、一年前に比べると16パーセント低下している。

その他の記事