ハワイ(ホノルル)現地時間
8/14(火)05:38
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2013.11.13

ワイランドとeRealty創業者がヒロのナニロアホテルを落札

eRealtyの創業者であるエド・ブッショアと海洋画家のワイランド氏が、倒産したハワイ島ヒロのナニロア・ボルケート・リゾートを520万ドルで共同落札購入していたことが分かった。両者率いるタワーディベロップメント・インクとワイランド・ヒロホテルLLCは、火曜にホノルル市破産裁判所にて行われた競売公聴会で同ホテルを520万ドルにて落札。この520万ドルには州が所有する同ホテル敷地に対する最高150万ドルまでの借地権の負債、および無担保債権者への25万ドルの支払いが含まれている。


両者は今後、客室383室の同ホテルを環境に配慮し、ワイランド氏のアートを組み込んだ芸術的なブティックホテルに改装する計画を立てており、運営管理にはアクア・ホスピタリティが起用されているという。ホテル内にはワイランド氏によるアートの展示場や、ビーチ沿いに彫刻パークの設置も予定されている。なお、彫刻パークはホテル敷地外にも及ぶため、現在州当局に許可申請中。

同ホテルはハワイアウトドアツアーズ・インクが所有していたが、2012年11月に倒産。営業中もホテル内の大部分は閉鎖されている状態だったという。倒産手続きの管財人であるデイビッド・ファーマー氏によれば、同ホテルには1,000~1,200万ドルの価値があるが、地元市場では500万ドルが妥当であり、ハワイアウトドアツアーズのケン・フジヤマCEOはワイランド・ブランドに非常に魅力を感じており、今回の落札に満足していると述べている。


ブッショア氏が所有するeRealtyはモダンホノルルホテルの所有会社であるエム・ワイキキの大部分を所有しており、同氏はアロハタワーマーケットプレイスも所有。先日ハワイパシフィックユニバーシティにそのほとんどを売却しており、現在は同センターの20パーセントを所有している。アロハタワーマーケットプレイスは、同校の学生寮、小売、レストランの複合用途施設に生まれ変わる計画が立てられている。

その他の記事