ハワイ(ホノルル)現地時間
8/16(木)09:58
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2013.10.10

バイヤーがトランプタワー開発業者を相手に訴訟

ワイキキにあるトランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチウォーク(以下トランプタワー)の4戸を購入した女性が、同ホテル開発業者に支払い済みのディポジットの一部の返還を求める訴訟をホノルルの第一巡回裁判所に起こした。

女性は、トランプタワー内の4戸の購入契約を開発業者と結び、合計購入価格720万ドルの2割に当たる140万ドルのディポジットを2006年に納入。しかし、同社は2012年6月~10月の間にこれらユニットを720万ドルを25万ドル上回る額で別のバイヤーに販売したため、女性は63万9,450ドルの過剰ディポジット、およびエスクロー会社に支払われた12万7,349ドルの返還を求めていたが、同社が応じなかったため訴訟に至った。

トランプタワーを巡る訴訟は今回が初めてではなく、2009年にはホテル名から「ドナルド・トランプ」が消える可能性を聞かされた11名のバイヤーが売買契約のキャンセルを求め訴訟に発展している。開発業者側は、被告らが客観的なメリットや正当な理由なしに同プロジェクトの価値を下げ、傷をつける目的で訴訟を起こしたとして、被告側に対して逆に告訴している。

その他の記事