ハワイ(ホノルル)現地時間
12/10(日)16:04
Vol.30 [7/17-10/15]
ハワイに住む表紙・パークレーン/ワイエア 超高級物件の驚くべき全貌
・本田直之氏が厳選 オアフ最新レストラン
・クールビズにアロハシャツを
・保存版 日本語OKなハワイ弁護士リスト
・グリーンカード抽選情報
・本格的な指圧・マッサージ・整体院
 バックナンバー集へ
編集部ブログ
2013.01.24

アレクサンダー&ボールドウィンがワイアナエ・モールを買収

ハワイを代表する大企業であるアレクサンダー&ボールドウィン社が、西オアフにあるワイアナエ・モールを2,980万ドルでTNPストラテジック・リテール・トラスト社から購入したことが明らかになった。

同モールはオアフ島リーワード地区に広がる17万300平方フィートの土地に10棟の建物からなり、取引はアレクサンダー&ボールドウィン社の不動産専門子会社であるA&Bプロパティーズ・インクにより行なわれ、現金1,010万ドルはTNPストラテジック・イテール・トラスト社に支払われ、残りの1,970万ドルは債務返済にあてられる。

A&Bプロパティーズ・インクのクリストファー J ベンジャミン社長兼最高執行責任者(COO)は、2012年7月に売却した同社所有物件の収益を節税手段を用いて高収益が期待できるワイアナエ・モールを有利な価格で買収することができた上に、同モールは活性化によりさらに収益をあげる可能性が十分にあると声明で述べている。

現在79パーセントに留まっている同モールのテナント入居率は、2月に入居が決まっている新テナントにより93パーセントにアップする。現在の主なテナントにはロングス・ドラッグス、シティ・ミル、アメリカン・セービングス・バンク、バンク・オブ・ハワイ、バーガー・キング、グッドイヤー・タイヤ、ジャンバ・ジュース、そしてスター・バックスがあり、今後はA&Bによるセンターの活性化が行なわれる。

また、同社は先日カリフォルニア州フラートンに同社が所有する19万9,400平方フィートの工業物件ノースポイント・インダストリアルを1,490万ドルという高値での売却に成功しており、この収益は1031エクスチェンジを利用してハワイに再投資されると述べた。

その他の記事