ハワイ(ホノルル)現地時間
2/20(火)17:16
Vol.32 [2018/1/16-2018/4/15]
ハワイに住む表紙・キーパーソンに聞く2018年
 ハワイ経済はどうなる
・今買える超高級ペントハウス
 カタログ
・ハワイに戻ると必ず立ち寄るお店
 大人の女性がリピートしてしまう理由
・指圧・あん摩・整体の
 プロフェッショナルを探す
バックナンバー集へ
編集部ブログ
2012.12.12

カカアコのプロジェクト「690ポフカイナ」の第一段階がもうじき着工

オアフ島カカアコに建設予定の複合用途ビル計画「690 Pohukaina(ポフカイナ)」の第一段階に当たる7,000万ドルを投した「ハレカウウィラ・プレイス(Halekauwila Place)」の資金調達の承認が火曜の特別会議でハワイ地域開発機関(Hawaii Community Development Authority)より得られたことで、同プロジェクトの着工がもうじき開始する見通しであることが明らかになった。

このハレカウウィラ・プレイスは、年収およそ4万8,000ドルの居住者を対象にした低所得向けの賃貸専用タウンハウス。204戸を有する予定で、3ベッドルームの家賃が月1,370ドルと手頃な価格設定となっている。開発業者は地元ハワイのスタンフォード・カー社で、PNC銀行を通じて米住宅都市開発省から2,500万ドル、低所得の税額控除発行を通じて2,800万ドル、そしてハワイ地域開発機関から1,700万ドル、合計3つのソース先から融資を受けている。同プロジェクトの監督を行うハワイ地域開発機関のエグゼクティブ・ディレクターであるアンソニー・チン氏は、同プロジェクト建設に必要な許可証は既に発行済みで、現在、関係者ら約30名の署名、および承認プロセスを行う最終段階に入っており、年内には取引が締結する見通しであることと、着工は締結後すぐにでも開始される予定であると語った。

その他の記事