ハワイ(ホノルル)現地時間
9/24(月)14:05
Vol.34 [2018/7/16-2018/10/14]
ハワイに住む表紙・ハワイのコンドミニアム徹底研究
 海側vs山側 高層vs低層 
 それぞれの言い分
・「自宅パーティー」もこれで安全
 出張シェフ&ケータリング
・大人の女性がリピートする
 セレクトショップ3選
・ビジネスの達人インタビュー
 【稲本 健一】バックナンバー集へ
編集部ブログ
2012.08.28

鉄道システムの建設工事が一時全面停止

現在、オアフ島内で建設が進められている鉄道システムに対し、ハワイ州最高裁判所が鉄道建設予定地での市の発掘調査が不十分であるとする建設反対派の意見を支持する決定を下したことに従い、ホノルル高速輸送システム局(HART)は、鉄道システムの建設工事を一時全面停止することを決定した。

 HARTが月曜午後に発表した声明では、「先日下された最高裁の判決では(鉄道システムの)最終的な詳細は決定されていない」と述べた一方で、「更なる訴訟費用を避けるため、巡回裁判所からの指導があるまでは土地に関する活動を含む新たな建設は考古学的な調査作業が完了するまで行わない」と、建設工事停止を発表した。

 最高裁は先週の金曜、島内で建設予定の20マイル間の発掘調査が終了するまでは全ての工事を中断すべきと発表。この判決は、去年行われた一審の判決を覆した結果となった。

 今回の訴訟の原告であるネイティブ・ハワイアンの女性は、ネイティブ・ハワイアンの墓があるとされるカカアコ領域が鉄道建設工事により影響を受ける可能性があるとしていた。原告側は月曜の朝に市当局側と面会し、鉄道建設工事の全面停止が行われなかった場合には、建設中止の差し止め命令または一時的差し止め命令を取得すると警告。原告側弁護人のフランケル氏は、市当局から安全のための溝の埋め戻しといった短期間の工事と長期メンテナンス活動の継続に合わせ、考古学的な調査作業もその間続ける意向があると述べたと語った。同弁護士は、大きな影響をおよぼさない小規模の工事などわずかな例外はあるものの、事実上鉄道システムの建設工事は停止されたと述べた。

その他の記事