ハワイ(ホノルル)現地時間
5/22(月)09:21
Vol.29 [04/17~07/16]
ハワイに住む表紙・ハワイで住みたい街5つの共通点
・ハワイ進出の参考書
・隣島の不動産事情 ハワイ島&カウアイ島
・本格的な指圧・マッサージ・あん摩・整体院で「プロフェッショナル」を探す バックナンバー集へ
編集部ブログ
2016.10.12

韓国企業がハイアットリージェンシーワイキキビーチリゾートを買収

韓国に本社があるアジアで最も大きなファイナンシャルサービス会社のMirae Asset社が、ハイアットリージェンシーワイキキビーチリゾート&スパを7億5560万ドルで購入したことがわかった。

当初その販売価格は8億ドルになるとレポートされていた。

この夏にMirae社はニューヨークの投資ファンド会社であるBlackstone Group社とその借地権、1230平方フィートのホテルの買収取引に入っている。

およそ1年前にMirae社はハワイ島のフェアモントオーチャードホテルを2億ドルで入手している。

2013年にはBlackstone Group社はハイアットリージェンシーの借地権を4億5000万ドルで購入しているがそれ以前、2008年にはGoldman Sachs’(NYSE:GS)社のハイアットホテルコーポレーションのパートナーとなっていたWhitehall Street Real Estate Funds社が、そのホテルを破産した日本人のオーナーから4億1000万ドルで購入している。

ハイアットのホテルコーポレーショの社員を代表するUnite Here! Local 5の会計担当のEric Gill氏は、契約によると雇用条件やベネフィットなどは継続するようだと語っていた。

フェアモントオーチャードをMirae社が買った時は、大きなハワイのホテルを韓国企業が買収した最初の例だった。

昨年韓国企業がワイキキ、ポリネシアンプラザブティックホテルを1060万ドルで購入し、オアフ東のハワイカイゴルフコースを2050万ドルで購入している。

2013年のハワイアットワイキキの買収のあと、そのホテルの改装に1億ドルを費やしている。

昨年にはBlackstone社はホテルのショッピングセンターを活気あるカラカウアアベニューに開店するための改装に5000万ドルを費やしている。

ハイアットワイキキが建つ、2424カラカウアアベニューの土地はSteiner一家が所有している。

その他の記事